April 2012

April 30, 2012

恵比寿でcan/goo



twitter、#mc1242のタイムラインからcan/gooのワンマンライブの情報を入手。
早速見に行ってきました。

恵比寿天窓ということで、近くのガーデンプレイスでアルコール補充!!
つまみのソーセージや唐揚げがうまい!!

で、can/gooのパフォーマンスですが、
9年前にangelaとのツーマンライブを見たときのクオリティは全く変わっておらず、
さらに随所で参加どころが増え、
アットホームなライブでした。

やはり、まぼろしや鏡の中は自分としては大好きな曲で
そのたびにほっちゃんの姿が…

また、アニソン歌って欲しいけどね。


続きを読む

libarty at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

April 29, 2012

Sphere´s Orbit-Triple Zero-@yokohama arena



スフィアの全国ツアー横浜アリーナ公演2日目に行ってきました。

スフィアといえば「ぶっこみ」。
歌がメインであっても、朗読劇や紙芝居VTRなど、
いろんなところでぶっこみが炸裂してました。

盛り上がったり、笑ったりの連続だったな…
さすが、アニメ紅白を復活された立役者だけのパフォーマンスでした。



腹ペコになったので、
帰りにセンター北のショッピングモールへ。



観覧車スゲェ〜







libarty at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

April 28, 2012

みかこし・・・小松未可子が売れている?

【勢いが止まらない】圏外から9位まで浮上した小松未可子さんのデビューシングルが「花澤香菜」「スフィア」を抜き6位に(seiyu fan)

じわじわと売れてるみかこしのデビューシングル。
小松未歩のデビューシングル「謎」のように、
1年間オリコンウィークリーTOP100ランクインとはいかないまでも、
長く愛されて欲しいと思う。



そういえば、みかこしも遊戯王シリーズに出てるんだよね・・・
でも、遊戯王といえばコレだよね。


小松未歩作詞作曲作品としても、アニソンとしてもJ-POPとしても名曲。

libarty at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

April 27, 2012

ボーカロイド「オギ音ミク」新曲発表?

オギ音ミク「SAKURAこんちくしょう」(歌詞付き)



それでも、森山直太朗の即興力のほうが・・・



libarty at 11:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CD棚 

April 26, 2012

正常化への足がかり

小沢一郎民主党元代表に当然の無罪判決(植草一秀の『知られざる真実』)
 
植草氏、天木氏、森議員などいろんな方々の尽力もあるが、
市民運動まで発展したデモの力も大きかったのだろう。

次は行き過ぎたマスコミ、検察の膿を全て出し、
TPP不参加、増税反対、脱原発へ国民運動していくことだ。

新政研-新しい政策研究会-

libarty at 12:25|PermalinkComments(0)TrackBack(1)政治 

April 25, 2012

このナレーションが水樹奈々?

libarty at 13:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

April 24, 2012

検察の国家権力の乱用・暴走であることは明白

libarty at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

April 23, 2012

月刊日本から、日本を取り戻そう。

利権化した政治を糺す  平野貞夫
http://gekkan-nippon.com/?p=3665 

日本人は魂を抜かれたのか  亀井静香
http://gekkan-nippon.com/?p=3653 

野田政権退場が日本を救出する唯一の道だ  植草一秀
http://gekkan-nippon.com/?p=3674

ぜひ読んでいただきたい。
私はこの意見に同意する。

libarty at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

April 22, 2012

仕事帰りの楽園へ



仕事帰りにあかりご飯をいただく。
世間は冷たいが、ここは暖かい。



libarty at 20:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

April 21, 2012

この政権は国民生活を破壊する (日刊ゲンダイより) 

「阿修羅」最悪のオンボロ政府が存続していいのか この政権は国民生活を破壊する (日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/12/senkyo129/msg/215.html

現在の日本は 一部の富裕層 多数の貧困層と言える最悪社会である。  
生活保護者209万人戦後最高 困窮者2000万人に迫り    
超円高 デフレにより企業が益々苦戦・・・倒産…。   
とりわけ悲観することは 若い人の失業がひどい。  
将来の日本国を支えるどころか 結婚して家庭すら築けない。  
若い人(とりわけ男)の失業 に対する政策がなってないのだ・・・。  
口だけ 雇用・雇用は話にならない。  
消費増税は景気が酷くなるだけでなく より困窮者に  
弱いひとびとに 重荷がかかって 一部の富裕層には   
何にも響かない悪税…消費増税は最悪なのだ。  
肥えた財務省官僚政権にマインドコントロールされていて  
大マスゴミもツルンデ消費増税しか ないような 暗示に犯されている。  
底辺層をもっと強くする政策が必要なのに 真逆のことをやっている
今の学生たちは 平穏無事?の為か おとなしい。
何も怒らない 怒れない? 行動しない 
…行動できない? 権力に 向かっていけない?・・・・・・・・。
1968年東京大学における東大闘争。民主化などの課題をめぐり教室に
バリケードなどやって 権力に向かって行ったなぁ。
安保闘争なども・・・あった・・・・。
良い悪いは 別にしてだよ…。結果的には 世を変えた・・・。
最後の切り札は  …動乱か?
官僚たちはここまで計算してない?…


小泉・竹中構造改革による格差の増大は、
弱いモノいじめを助長してしまい、最後には孤独にさせられた。
加えて警察がどんどん生活に入り込み、規制していく。
規制しなきゃいけないものはどんどん自由にしていくクセに。

最後に残されたのはデモ、集会なのだ。
どんどん参加していこう。

libarty at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

April 20, 2012

尖閣問題とはなんだったのか?

石原慎太郎こそ売国奴だ : アゴラ - ライブドアブログ

石原を支持する人々は、政治、外交をエンターテイメントとして捉えていることは確実だ。

それによって振り回されたのがTAFだし、
そこから真っ当な物を作り出したのがACEだし、A-FESなのだ。 

と、思いたいんだけどね・・・

libarty at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

April 19, 2012

「夏色キセキ」は売れない?

『夏色キセキ』のアマゾンレビューが残念なことに・・・どうしてこうなった : (はちま起稿)
http://blog.esuteru.com/archives/6124876.html 

ま、そうなるわな。


libarty at 12:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ欄 

April 18, 2012

「日本一新運動」の原点―105、転載。

「日本一新運動」の原点―105
 2012年04月18日 :(日本一新の会。)

    日本一新の会・代表 平野貞夫妙観
 

○「STOP!権力の暴走」国民大集会の歴史的意義とは何か

 いよいよ4月26日(木)、東京地裁での小沢一郎氏への「政治裁判判決」が行われる。衆知のとおり、これまで全国各地で「権力の暴走・権力の犯罪」として国民に訴えてきた人々が、一大結集して国民大集会を開くことになった。4月20日(金)、午後7時から、文京シビック・大ホールで開かれる。不肖、私が実行委員長に就任することになった。よろしくご協力をお願いしたい。
 

 4月10日(火)午後6時から豊島東部区民事務所で開かれた実行委員会に出席して、実行委員の方々の熱心な議論に参加し、国民大集会の成功と、無罪を勝ちとることを祈念した。私は実行委員会での挨拶の中で、3年を過ぎた政治家・小沢一郎氏への謀略的捜査を改めて紹介した。
 

 検察の不起訴にもかかわらず、検察審査会が強制起訴した裏側に、民主党政権の中の政治家弁護士と結びついた検察・最高裁事務総局等が、小沢氏を政界から排除しようとした政治捜査・政治裁判であったことに、これが人間のやることかと怒りをもっている。
 

 法と証拠で、捜査と裁判が機能する近代民主国家でないことが、これまでの裁判過程で明らかである。4月26日の判決で、それを大善裁判長がオーソライズして、わが国が暗黒国家であることを証明するのかどうか、歴史的な日となる。
 

 思い起こすのは、明治24年に起こった大津事件に対する大審院長・児島惟謙の見識である。訪日中のニコライ皇太子を傷つけた犯人に対して、ロシアの報復を恐れて極刑にしようとした政府の圧力に抵抗、罪罰法定主義と司法権の独立を確立した歴史である。この精神と見識が、日本の検察には期待できないが、裁判所には残っていたと信じていた。
 

 それがである。平成時代となってまったく消えてきたというか、いや否定されていたのだ。それどころではない。私に知らされた情報によると、小沢氏を検察審査会の強制起訴により裁判を利用して政界から排除するシナリオが、菅政権の中でつくられたようだ。その切っ掛けは、元法務省官房長・元最高裁判事の金銭スキャンダルを、当時の民主党政権有力閣僚たちが不問・モミ消すことと取引した疑いが強い。国民主権にもとづいて選ばれた国会議員、政権交代を成功させ日本の改革と発展に欠かせない政治家を葬ろうとする政治裁判といえる。
 

 まさに「国家権力の犯罪」である。旧ソ連とか北朝鮮の統治実態と変わらないことが、21世紀の日本で平然と行われているのだ。何故こんなことが行われるのか。社会の木鐸といわれる責任を放棄した巨大メディアが、放射性物質のような情報をまき散らし、政府権力の下僕になり下がっているからだ。不況の中で税金による政府広報費にありつきたい卑しい経営を続けていることに、国民は気がつくべきである。
 

 裁判所など司法府の劣化・腐敗には、呆れるものがあるが、さらに驚くのは、国会議員の不見識である。「小沢問題」の本質を議会民主政治の危機と理解している政治家が、ごく少数しかいないことだ。
 

 国会での「小沢問題」の対応を整理すると、次のとおりになる。

ー民党の多数―過去の恨みをはらす感覚で、小沢排除に賛同する集団。

¬閏臈淨發糧疹沢グループによる司法関係者との談合により、法的措置による小沢排除。

8〇,盧枷十蠅皀瓮妊アも正常だと、現代の危機に気がつかずロボット人間のように生きている層。

ぐ枉錣気傍い鼎い討い襪、問題の本質に迫る方法を知らず、うろうろしている層。等である。
 

 「小沢政治捜査・政治裁判」を総括すれば、わが国の立法(国会)・行政・司法の統治権力が、相互に批判チェックするという国家機能のもっとも重要な部分を、機能喪失させていることだ。いや、相互に談合して謀略的に、「小沢排除」を法的に国家意思として行おうとしているといえる。これは恐ろしいことである。最早、近代国家とはいえない。
 

 あのナチス・ヒットラーでも、軍事的物理的強制力を活用して独裁ファシズム体制をつくった。今日の日本では、物理的強制力ではなく国家統治権力が暴走を重ね、異常で不正な法律解釈で、「小沢排除」を法的に断行しようとしている。
 

 このような「権力の暴走」の危険性や問題を国民に知らせて、人類が築き上げた基本的人権や国民主権などの原理が、いまの日本では権力によって踏みにじられていると警告するのが、社会の木鐸としての「マス・メディア」の責任であり義務である。なのに巨大メディアのほとんどが、権力側の広報活動を積極的に行っているのだ。それは「社会心理的強制力」として「小沢排除」を国民に押し付けてきたのが事実である。
 

 私はこの状況を、「情報ファシズム」と名づけたい。小泉政治の郵政解散などで発芽し、麻生政権で「小沢秘書捜査」で本格化、検察の総力を挙げても証拠がなく、不起訴としたものを、菅政権になって検察審査会制度を恣意的に乱用して、小沢氏を違法な強制起訴裁判に持ち込み、法と証拠によらない「政治裁判」となったのだ。野田政権になって、TPP問題も消費税増税等に見られるよう「情報ファシズム」を強化して展開している。戦前の不幸な歴史が身に迫ってきた思いである。
 

 これらの「情報ファシズム」の展開を阻止するため、私たちは何をすべきであろうか。健全な情報社会をどうつくりあげるかだ。それはネット情報の健全な組織化と機能化を創造することから始まる。「小沢問題」もネットによる市民運動が重要な役割を果たした。既存の巨大メディアの不条理に対抗できるのは、ネットによる情報社会の健全化である。
 

 いま、わが国は民主政治国家として存立しうるか、どうかの瀬戸際に立たされている。それは4月26日の「小沢裁判」の判決である。東京地方裁判所の大善裁判長の見識に全てがかかっている。「情報ファシズム」に反省を求めるのか。憲法や刑事法規を冒涜し、証拠のないことを逆用して推論を重ね、「情報ファシズムによる権力の暴走」を正当化するのか。日本だけではなく世界中が注目している。大善裁判長の判断はどっちにせよ歴史に残るであろう。歴史に対する責任と義務は何かを、しっかりと認識して欲しい。
 

 「STOP!権力の暴走」国民大集会の歴史的意義は「小沢一郎氏の無罪判決を祈念すると共に、統治権力と情報ファシズムの暴走の阻止」、さらには、真の国民主権を確立する議会民主政治の実現にある。


追記
 ☆本号は無限拡散希望につき、転載許諾を必要としませんので、お取り扱いをよろしくお願い申し上げます。


元記事リンク:http://nipponissin1.blog136.fc2.com/blog-entry-145.html



libarty at 13:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

April 17, 2012

これがマスコミのあるべき姿。



libarty at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

April 16, 2012

Heart Keyからの扉?



散髪しに行ってきました。
カットに加え、ヘッドスパをしてもらいました。

頭だけスキッリするのも…
ということで、
天使の扉へ。


心も体もスッキリした!!


libarty at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

April 15, 2012

それでも仕事はやって来る。



今日はみかみかこと榊美香ちゃんのバースデーライブに行ってきました。
12時台前半だけ…

チケット買ってから、仕事が決まりやがりまして…

12:45に代々木の本社集合だったわけです。

かといって全く行かないのもアレなので挨拶程度…のはずが、
実質20分、いつも通りやっちゃいました。

多分、こういうのがやり逃げなのかな?




libarty at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

April 14, 2012

6月末までの期間限定!





フルPV期間限定公開。

libarty at 10:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CD棚 

April 13, 2012

オギ音ミク?

木曜JUNKおぎやはぎのメガネびいき」がまたやらかした?



アニメの次はボカロに進出?

libarty at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

April 12, 2012

桜またね



サクラ散り、花びらが敷き詰められた道を帰る。

libarty at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

April 11, 2012

認知もされず、トロフィーを破壊?まで! 迷走する「声優アワード」

認知もされず、受賞拒否まで! 迷走する「声優アワード」の問題点
http://news.livedoor.com/article/detail/6453582/ 

ここで、チャンスを掴んだのがみかしーこと三上枝織さんや
あくっちゃんこと阿久津加菜さんだったりする事実。
だから青二やらマウスやらの役者さんがたくさん賞を取っているわけだが。 

だが、小野坂昌也さんはパーソナリティー賞の受賞のさい、
どっかでしょうもないと思ったのか、ウケが欲しいと思ったのか、
トロフィーを投げつけようとしてました。

そんな小野坂さんはみかしーが後輩なので、なんだかんだ優しいのですが。




libarty at 12:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

April 10, 2012

夜桜も最後かな?



libarty at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

April 09, 2012

この暖かさって

日曜とうって変わって
この暖かさ。
冬が寒すぎて、
季節の変わり目もめちゃくちゃで、
いつ誰かが倒れてもおかしいと思えなくなってきた。

やっと春が来た感じ、
もう終わるかもしれないけど。


libarty at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

April 08, 2012

結果、みかしーまで見に行った。

来週の日曜、仕事が入った
→みかみかのライブ全部見られない
→もっと榊美香の歌が聴きたい!!
→そこに今日のライブのツイートが。

で、行ってきたわけです。


桜っていうとC.C.さくらだったり、D.C.だったり、アニソンもいい曲あるよな〜と思いました。

このライブのトップバッターはあかりん。


雛田あかりになってから、
初めて見たライブでした。
サクラ大戦もいい曲ぞろい。
作曲した田中公平さんは、岩男潤子さんのライブに来たときに、
初めてお会いしましたが、
ものすごく紳士だったな…

それで、あかりんが出るということで、
`アッカリーン´でブレイクした、
みかしーこと三上枝織ちゃん出演のイベントを
昼に見に行ってきました。


何でも、来週からスタートするシャイニングハーツのアニメと
キャラクターのフィギュア化のプロモーションだそうで、
共演する伊藤かな恵ちゃん、相沢舞ちゃんとともに出演。

アニメのほうもチェックしなければ。


libarty at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

April 07, 2012

まさかのAKIDAMA!



今日は仕事が早く終わったので、
ゆか〜さの久々のライブを見に、秋葉原へ。
ゆか〜さこと朝比奈由果の出演時間と場所に合わせて行動したので、
全体のイベント内容を把握しきれなかったのですが、
今回はAKIDAMAというイベントで正午から2ヵ所のライブスペースでスタート、
さ夕方からもう1ヵ所スタートする感じで、
合間に物販とニコ生をはさむという、
ある意味上級者のためのイベント。



ゆか〜さは、2ヵ所で各3曲ずつで参加。
仕事帰りでスーツなのに、つい立て膝ついてしまったぜ。



このあと、ゆか〜さはニコ生に出演。
ちょいちょいコメント入れてたのはここだけの話。



libarty at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

April 06, 2012

あまりにも酷い負け試合



金曜はいつも所沢まで自転車通勤…
でも今日は休業日なので、
西武ドームへ野球観戦。
オープン戦で行ったときはボロ負け、
そして今シーズンの公式戦はまだ本拠地勝利してなかったので、
今日は勝って欲しいと、メガホンで応援してました。
で、8回裏まで2点差で勝ってたんですけど…
9回表に4点とられるという酷い結果に。
酷い、酷すぎる・・・




libarty at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

April 05, 2012

消費税政局の狙いは政界再編?

国会の消費税問答(田中良紹の「国会探検」)
http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2012/04/post_296.html 

増税ばかりが前に出すぎていて、見えていなかったのだが、
民主党が分裂するとともに、
自民党も分裂してしまうのではないかと思う。

新自由主義を是とするか、非とするか、
我々は見極めなくてはならない。

libarty at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

April 04, 2012

『縁』をテーマにミクさんで繋がる人々の交流

キャスト 縁(えにし)の社会学 初音ミク特集


これはABC朝日放送の「キャスト」の映像で、
もちろん、関西ローカル。
こういった報道は近年、関東ではまず見られなくなった。

パーフェクTV、ディレクTVが登場し、多チャンネル時代となったとき
自分が夢中になって見ていたのが「京都チャンネル」や「MUSIC FREAK TV」など
いわゆるお笑い以外の関西の情報だった。

そして、真の報道チャンネル「国会TV」「朝日ニュースター」に辿り着いた。

テレビジョンの「テレ」は遠くにあるものを指す。
遠くにあるものだからいろんな意見があっていいのだが、
どうもそれがひとつの方向にしようとしている。 

やっぱりE5系新幹線車両は「はつね」でよかったんだよ。続きを読む

libarty at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

April 03, 2012

嵐の中で輝いて・・・やっぱり輝けない!!

実際、嵐となると輝くところを失いますね。
結局、会社からは「早く帰れ」となりましたから・・・

それはさておき、
「嵐の中で輝いて」はガンダムMS08小隊の主題歌で、
今でも米倉千尋さんの代表曲として色褪せないのですが・・・

当時のPVを見ると、やっぱり時代を感じさせるものがあります。


最初、ちっひーに見えなかった。

libarty at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

April 02, 2012

「これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド」OP&ED CMがかっこいい

「これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド」OP&ED CM


恋のビギナーなんです (T T) / 山口理恵 drum cover


発売前からかっこいい映像に仕上がっております・・・

libarty at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ欄 

April 01, 2012

エイプリルフールだからこそ

今日は久々に長い仕事だった。
その中では久々に会う人と仕事をした。
いつも会う人だけでは得られない、
たくさんのことがあったような気がした。

朝早く起きて仕事に行く前に見たつぶやきは
今日は嘘のひとつでもついとかないとみたいな雰囲気だったので、
改めて、嘘と真実を向き合って、
いつのまにかつぶやいていた。

人に物を教えていることを生業としていると、
地域、集団、ましてや一人一人を見ていると、
反応はそれぞれだ。

聞いたことのないことを言うと意外と反応はなく、
聞いたこととなんか違うことをいうといろいろ反応してくる。

そこに嘘と真実がある。
しかし、この国は嘘を突き通して、真実にしてしまおうとする、
報道がある。

中には何が真実かわからないものもあるかもしれない。
せめて、最後の決断は国民に、
国民の意見を聞く政治家に任せて欲しい。

平気で嘘をつくこと、
これだけはやってはいけないんだよ。
もし、つくとしてもどこかで真実を言うしかないんだよ。

嘘を重ねれば、何も進まない。
止まり続けるだけだ。

libarty at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記