July 2012

July 31, 2012

髭男爵トーク舞踏会25

髭男爵のトークライブに行ってきました。

ゲストはHi-Hiの2人と、モノノフ芸人。

どちらも、本音満載のぶっちゃけすぎな感じで
笑わせていただきました。

そういえばモノノフ芸人多いな…

モーパイで、ももクロのEDより、
みかこしのEDがいいと思っている自分は
モノノフにはなれないな。



libarty at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

July 30, 2012

パンク気づかず…

帰る途中、自転車がパンク。
しかし、よく見るとパンク修理剤では
どうにもできなさそう…

所謂、バースト状態。

さすがにこんな時間に修理、ないよな…

libarty at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

July 29, 2012

リトバスに堀江由衣?

TVアニメ『リトルバスターズ!』最新PVが公開!直枝理樹のCVに堀江由衣さん!2012年10月放送開始(声優☆速報)



何気にすごい。
楽しみになって来た?

 


libarty at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ欄 

July 28, 2012

国際社会の脅しに屈する、菅・野田・安住。

消費増税は真珠湾攻撃か(田中良紹の「国会探検」)  

野田総理は「国際社会に出てみて岩倉使節団のような思いがした。
財政健全化に取り組まないと大変な事になると思った。
菅さんも安住さんも私もそうだ」と答えた。成る程と私は納得した。
「菅さんも安住さんも私も」
嘘と謀略にまみれた国際社会で戦った経験のない政治家である。
だから国際社会を騙すより国際社会の脅しに屈する。



財政健全化しか見えないというのが、まずい。
完全に1点しか見えていない。菅も安住も野田も。

libarty at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

July 27, 2012

弾き語りっていいネ!



今日は赤坂で、弾き語りライブ。
郁彩-イデア-さんの歌がすばらしすぎて、
つい、CDを購入。

あれで本調子ではないとは・・・

libarty at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

July 26, 2012

孫崎享が語る、「戦後史の正体」




元外務省国際情報局長である孫崎享氏が語る、戦後史。
日本語も円も戦後の政治家が守ってきた。
今、対米追従をやめ、自主独立しなければならない。

守ってきたものがどんどん奪われるのだから。

libarty at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

July 25, 2012

平気で嘘をつく、これがこの国の官僚。

7月25日 森ゆうこ議員 「検察官不出頭」追及で、法務省刑事局長を追い詰める! (一市民が斬る!!) 



答弁はあまりにも、はぐらかし、話のすり替え、嘘。
こんな人物に権力を与えるべきではなかった。
森ゆうこ議員はがんばって欲しいところだ。

libarty at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

July 24, 2012

なのはA's、やっぱりぐっとくる。



なのはA'sを見に行ってきました。
1クールのシリーズをかなり分かりやすくまとめたのもすごいが、
それ以上に日常と非日常をしっかりと描かれていたと思う。

あと、声優陣が語る、もう一度○○○と出会えてうれしいとか、
もう一度○○○を演じることができて光栄などのコメントは
やっぱりぐっときます。


続きを読む

libarty at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

July 23, 2012

森喜朗は最後まで、この国を売国する気だ。

清和会のオーナー・森元総理が謎の引退表明(陽光堂主人の読書日記)

(以下、引用)
 引退の理由として小沢氏の名を挙げていますが、これは「俺も辞めるからお前も辞めろ」ということなのでしょう。どうせ辞めるなら小沢氏も道連れにしたい、という魂胆が透けて見えます。一言多いのが森氏の欠点ですが、最後まで改めることができなかったようです。

 長男の祐喜氏は、1年前に多臓器不全で亡くなっています。未だ46歳の若さでしたが、薬物中毒で素行が悪く、ロックミュージシャンのように短命でした。

 祐喜氏は押尾学事件の主犯での1人で、押尾は単に身代わりなったに過ぎないとも言われています。森元総理の圧力で揉み消した、とも噂されています。事件の再捜査が密かに進められている可能性があり、そうなったら自民党は大打撃を被ります。

 総選挙で自民党が政権与党に返り咲けば封印することができますが、その前に真相が暴露されたら大変です。裏取引があって、引退と引き換えに闇に葬ることにしたのかも知れません。

(以上、引用終わり)

まぁ、この男は清和会のために、アメリカに隷属し続け、
旧田中派を徹底的に叩き潰した上に、芸能人にまで多大な影響を与え続ける、
本物の悪代官である。

そして、生きてて欲しくない政治屋のひとりだ。

libarty at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

July 22, 2012

新橋の物販!



新橋ヤクルトホール!
今日はLady Go!!のイベント…でした。
しかし、キャパ500という、ゆるゆりイベの10分の1という高過ぎるハードルに、何度も撃沈。

しかし、チケット無くても物販してくれたので、
5kのセットを購入。

うるめいつ7のメンバーから手渡されて、しょぼんな気持ちも回復!!

うるめいつ7は近々CDデビューするらしいけど、
Lady Go!!メンバーもCD出して欲しいな。

その前に今日のイベントをパッケージに…
ならないか?





新橋演舞場から昭和通りを出て、秋葉原に移動・・・
私、主役の雛田あかりです。(Amebaブログへ)

libarty at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

July 21, 2012

確かに日常は現金でないほうがいい。

電子マネーだけで生活できるか--新田ヒカル : SIerブログ

確かに、現金は持ちたくないが・・・
物販はね。

libarty at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

July 20, 2012

Heart Key&天使の扉…


今日は寒かったけど、散髪へ。
暑いときに予約したからしかたがないけど…


天使の扉にも行ってきました。
耳かきとマッサージは異性じゃないと…

libarty at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

July 19, 2012

スマートデバイスをビジネスで!



今日は六本木ミッドタウンに行ってきました。

スマートデバイスのセミナーでした。
iPadなどのタブレット端末やスマートフォンってどんな仕事でも使えると思うんだけどな

libarty at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

July 18, 2012

「日本一新運動」の原点―118転載。

「日本一新運動」の原点―118

(以下、引用)
   日本一新の会・代表 平野貞夫妙観

(「赤旗」と「朝日」の人権冒涜・憲法違反記事に抗議しよう!)  

 小沢グループの離党、新党『国民の生活が第一』の結成という慌ただしさの中で、国民の眼を引きつけているのが、大津市立某中学校の「いじめ自殺事件」である。真相が判明するにつれ、学校長はじめ、教員や市教育委員会のあり方が問題になっている。人間社会であり得ないことが義務教育機関で起こっているのだ。現代日本の病根は、あらゆる分野で頻発している「いじめ現象」である。

 「いじめ事件」といえば、国の統治に関わる小沢一郎氏の「陸山会事件」をもう一度考えてみよう。この事件は民主党への政権交代を阻止し、21世紀に生きる日本の創造に抵抗し、政・官・財、そして巨大メディア挙げての謀略であった。憲法原理を冒涜し、政治家・小沢一郎に対する政治分野での「いじめ」であった。検察は総力を挙げて、ゼネコン約50社を強制捜査したが、不法・不正がないことがわかり不起訴とした。それを検察審査会が悪用し、検察調書を捏造してまで「強制起訴」した。

 小沢氏の「強制起訴裁判」で、東京地裁は小沢氏を政治的・社会的に批判して、「司法によるいじめ行為」を行ったが、さすがに「有罪」の判決は下せなかった。しかし、検察官役の指定弁護士は有罪を不服として「控訴」した。これは憲法に違反するもので、指定弁護人の控訴権は法律に明記されていないのだ。そもそも、検察審査会での「小沢いじめ」は手続き上も不法であり、その上、捏造調査書を前提とする強制起訴などは、法治国家としてはあり得ないことである。

 憲法原理からいえば、小沢氏を裁判にかけること自体が不条理である。万歩ゆずって強制起訴の裁判を容認するとしても、「無罪判決」に対する「控訴」の法的根拠はない。司法側の理屈は「刑事訴訟法上の見なし適用」である。冗談じゃない。それは司法による立法権の侵害である。このような法曹マフィアの跋扈を許してよいのか。小沢氏の控訴裁判は、憲法からいえば直ちに中止すべきである。

 野田民主党政権が国民との約束を反故にし、民自公3党が野合で消費税増税を決め、社会保障などの改革を棚上げしたことに反対した小沢グループが離党し、新党結成に動く中、「赤旗」と「朝日」は、小沢氏への人権冒涜・憲法違反の記事を掲載した。

 あまり知られていないが、小沢新党の『国民の生活が第一』の展開に関わることであり、抗議を込めて採りあげておく。

 崟峇」の問題点 7月3日(火)の解説記事に、民主党離党、新党の結成を準備中の小沢一郎氏に対して、「検事役指定弁護士に控訴され、いまだに刑事被告人の身分にある」という表現で、小沢氏の行動を批判した。問題は、小沢氏を「いまだに刑事被告人」と断定していることである。これは法務省と裁判所が、刑事訴訟法に規定していないことを「見なし解釈」するという憲法違反の判断を「赤旗」が容認し、追随したことである。これら「検事役指定弁護士」に控訴権を容認することは、憲法の基本的人権擁護という最重要事項を冒涜することになる。

 「赤旗」の記事は、日本共産党の主張であり、もはや「護憲の共産党」とはいえない。いくら「赤旗」が、小沢氏を嫌いで憎もうとも、憲法原理を冒涜する法務司法当局の方針に同調してはならない。歴史の中で権力の弾圧を受けた先人たちの嘆きの声が私には聞こえる。

◆崢日」の問題点 7月12日(木)付の社説は、小沢新党『国民の生活が第一』の結成と小沢氏の代表就任について、事実をねじ曲げるだけでなく、悪意と特定の政治目的をもって、これが大新聞の社論かと疑うほど重大な問題を露わにしている。小沢新党を称賛しろとはいわないが、この社説は小沢氏と新党に対する誣告と人権侵害となるもので、法的措置を専門家と協議しているところだ。

 「赤旗」にせよ「朝日」にせよ、一般の人々には、民主主義や人権については他紙より憲法原理に基づいた報道をすることで知られている。その二紙がこの有様では、わが国は相当に腐り始め、いよいよ「メディア・ファシズム」の時代に入ったと、私はきわめて危機を感じている。件の「朝日」社説は全体の文章が心療内科の治療を要する論説室で作成されたものであり、全文を問題にしたいが、敢えて一点だけを採りあげておく。

 「赤旗」とも関連するが、「小沢氏は政治資金をめぐる刑事裁判の被告である。云々・・けじめをつけないまま、新党の党首として政治の表舞台に立つ。私たちはそもそも、そのことに同意することはできない」という部分だ。まず、小沢氏を「刑事裁判の被告」と断じていることは看過できない。「刑事訴訟法の被告人」でないことは前述したとおりだ。

 憲法を遵守する論説なら、検事役の指定弁護士に控訴権を認めるはずはない。法曹マフィアの「刑事訴訟法の見なし適用」に対して批判するのが社会の木鐸の責任である。憲法原理に反する社説を臆面もなく掲載するとは、朝日新聞の存在そのものが、わが国にとって「害毒」になっていると論じておく。くり返すが「小沢氏の政治資金問題」は、二一世紀に持続できる日本国を創造しようとする小沢氏を、既得権で生き延びようとする支配層が排除しようとして権力が捏造したものである。

 これは国内だけでなく国際的にも、日本の民主政治の汚点として知られている。

 さらに、世界中から顰蹙を受けているのが、朝日新聞を中心とする巨大メディアの小沢氏に対する「人格破壊攻撃」であった。あまりにも不条理な人格破壊攻撃に、朝日新聞の購読者が激減する現象が発生している。巨大メディアが権力と一体化して小沢氏を犯罪者とすべく捏造報道を重ね、総攻撃をうけても犯罪の事実はなかった。さらに、権力側は憲法違反を重ね「指定弁護士による控訴」で、裁判と称するものが続き、わが国の司法のあり方が国民的批判の的となっている。

 朝日新聞論説室よ、それでも新党の党首に小沢氏が就いて活動することに、「同意することはできない」とは、狂ったとしかいえない。政治活動に関する干渉であり、言論の暴力であり、これらのことに法的措置を検討中であることを通告しておく。

 「これらの「赤旗」と「朝日」の人権冒涜・憲法違反の記事に、「メルマガ・日本一新」読者のみなさんの強い抗議をお願いしたい。


 7月16日(月・海の記念日)、墨田区で「勝海舟フォーラム」に出席した。歴史学者の加来耕三氏の講演を聴いた。加来氏は、歴史に学ぶことの大事さを語り、最近の政治や世相について、昭和初期に政党が軍部とメディアに抑えられた状況とそっくりになったと具体的に指摘していた。平成時代、このままの事態を続けると、必ず独裁(ファシズム)政治になると断言し、野田首相による、民主・自民・公明の談合政治を批判していた。会場にあふれる参加者の真剣な眼差しが心に残った。


追記
 ☆本号は無限拡散希望につき、転載許諾を必要としませんので、お取り扱いをよろしくお願い申し上げます。
(以上、引用終わり)


朝日新聞は絶対、読んではいけない。
チラシはこっちでいい。 



libarty at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

July 17, 2012

「小沢一郎が目指すもの!」転載。

小沢一郎が目指すもの!(日本一新の会)

(以下、引用。)
 ◎ 小沢一郎が目指すもの!

                                           日本一新の会 達増 拓也

                                                          (岩手県知事)

 

 小沢一郎氏が目指すものを私なりにまとめると、「行政改革と

地方分権、規制緩和とセーフティネット強化、国連中心の安全保

障、そして国民主権の確立」である。自民党時代に出した『日本

改造計画』以来、所属政党は変わっても目指すものは変わらない。

 

 目指すものは、もっと端的に言うと、「活力ある地方、活力あ

る経済・社会、自立と共生の国際関係、そして日本国民の意識改

革」である。当たり前といえば当たり前のこと、常識的といえば

常識的なことなのだが、米ソの冷戦が終わってグローバル化が進

む世界の中で日本が進むべき方向性を見事に簡潔に押さえている。

 

 これらの目標を一貫して強く追い求めている政治家は、他にあ

まりいない。そこに小沢一郎氏の鋭い時代認識、日本の現状に対

する危機意識、民意に対する敏感さ、戦略的バランス感覚が現れ

ている。

 

 一方、これらの目標を包括的に強力に追い求める政治家が少数

派に留まり続けていることが、未だにこれらの目標が達成されて

いない理由であり、民主党が行き詰ってしまった理由でもある。

 

 残念なのは、国政選挙では、これらの目標を公約やマニフェス

トに掲げる政党が躍進するにもかかわらず、選挙後、選ばれた国

会議員の多数がその公約・マニフェストから離れていき、国政が

民意の通りに進んでいかない、ということが繰り返されることで

ある。

 

 「活力ある地方、活力ある経済・社会、自立と共生の国際関係、

そして日本国民の意識改革」という目標は、これは日本の「改革

目標」と呼んでいいと思うが、平成5(1993)年の国政選挙

以来、民意の支持を得続けている。選挙後、選ばれた議員たちが

その目標から離れていくので、「改革の政治」が「失われた20

年」になってしまうのだ。

 

 そして奇妙な現象なのが、改革目標から離れる議員が口実にす

るのが、「反小沢」だということだ。小沢一郎氏が常に改革目標

と共にあるため、「反小沢」が多数になると、その多数は改革目

標から離れ、国民が求める改革はいつまで経っても達成されない。

 

 最近危険なのは、広くマスコミ全体に反小沢が広がっているこ

とで、そのためマスコミ全体が反改革のスタンスになっている。

「活力ある地方、活力ある経済・社会、自立と共生の国際関係、

そして日本国民の意識改革」という方向に対して、マスコミ全体

が逆行する今日この頃である。

 

 一方、希望が感じられるのは、私の皮膚感覚として、国民は、

依然として、「活力ある地方、活力ある経済・社会、自立と共生

の国際関係、そして日本国民の意識改革」を求めていると思われ

ることである。その民意の受け皿として、「国民の生活が第一」

という政党が誕生したことの意義は、いくら強調してもしすぎる

ことはない。
(以上、引用終わり。)



略称は「生活」=小沢新党
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012071700613

 民主党を離れた小沢一郎氏らが結成した新党「国民の生活が第一」は17日、中央選挙管理会に政党名の略称を「生活」と届け出た。公職選挙法に基づくもので、略称は衆院選の比例代表で使用される。党名が異例に長いことから略称に関心が集まっていたが、国会の会派名の略称と同一とすることで落ち着いた。 (2012/07/17-15:33)


政治は生活とともにある。
庶民からこれ以上増税しても、
原発を動かしても、
TPPに参加しても、
破たんを招くだけ。 



libarty at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

July 16, 2012

Beingゆかりのあの場所で、みかこしのライブ&ポスターお渡し会



今日は、ららぽーと豊洲に行ってきました。
2年前のGARNET CROW×名探偵コナンイベントなど、
Beingアーティストもイベントをやるこの場所で、
今回はBeing大好き声優、みかこしこと小松未可子ちゃんのイベントでした。

4曲ほどのミニライブとポスターお渡し会ということでした。
アルバム「cosmic EXPO」最高のインストアライブということで、
かなりセクシーなワンピースで登場。

会場は異常な日差しと暑さで、いろんな回線がぶっ飛んだテンションだったな・・・

あんなすらっとした出で立ちを見てると、
みかこし本人が好きな倉木麻衣ちゃんより、中村由利さんのよう。

本当、美人だったな・・・



みかこしとHODROD BEACH PARTYしたいぜ。
続きを読む

libarty at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

July 15, 2012

水地こはるソロライブvol.12に行ってきた!



代官山NOMADで開催された、
こぱるんのソロライブ。

独自の世界観というか、暴走列車というか、
もはや、カテゴライズ不可能の領域。
もう、最初から迷子状態ですが、
喋りと動きからは創造つかない歌声はより磨きがかかり、
ただただ、すごいの一言。



最後、物販にて撮影。
Tシャツ買って帰りました。
やっぱり和むわ。



libarty at 22:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

July 14, 2012

三澤紗千香「ユナイト」試聴。

三澤紗千香_2012.8.1発売_「ユナイト」MUSIC VIDEO 試聴


アニメ「アクセルワールド」新エンディングテーマとして、8/1にリリースされるこの楽曲。
なんとも荒削りなロックという感じ。
バーチャルな世界観がよりリアルに展開するのだろうか?


libarty at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CD棚 

July 13, 2012

「壊し屋」の正体を読む

「壊し屋」の正体(田中良紹の「国会探検」)

(以下、引用)

 日本では「政局よりも政策」と真面目に言う人がいる。そんな事を言う民主主義国が世界にあるだろうかといつも不思議になる。民主主義とは「政策と政局が常に一体のもの」だからである。「政局よりも政策」と言うのは官僚主義、全体主義、社会主義国家で民主主義とは異なる。
 

 民主主義国家で政策を決めるのは国民である。国民は政策で賛同する議員や政党に投票し、国政の場で権力闘争をしてもらう。票が1票足りなくとも政策は実現されない。権力闘争に勝った政策だけが実現する。そのため国民は自分と同じ考えの議員や政党に票と金を与えて権力闘争に勝つよう支える。これが民主主義の原理である。
 

 ところが日本では官僚の下僕に成り下がった政治家が「政局よりも政策」などとバカな事を言い、官僚に政策を丸投げして、官僚機構に媚を売る。すると官僚機構がその議員の選挙と金の面倒を見てくれる。これが政治家にとって最も楽な生き方である。 
(以上、引用終わり) 

最も楽な生き方をしたのが、菅であり、野田であろう。
それ以上に前原・仙谷かもしれないが。

libarty at 12:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

July 12, 2012

民主党には綱領がない、国民の生活が第一には綱領がある。

新党綱領全文(時事通信)

 わが党は、2009年の政権交代に対して負託された民意に鑑み、改めて「国民の生活が第一」の原則を貫いて日本の政治、行政、経済、社会の仕組みを一新する。そして国民が「自立と共生」の理念の下で安心安全かつ安定した生活を送り、自らの将来に夢と希望を取り戻し、誇り高く暮らせる日々を実現することを目標とする。
 わが党は、われわれが携わる国政とは「国民の厳粛なる信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する」(憲法前文)ものであることを真摯(しんし)に受け止め確認する。
 われわれは「正当に選挙された国会における代表者」として政治を主導する権限と責任があること、その政策は国民の利益を増進するものでなくてはならないこと、国民との約束は誠実に順守する必要があることは、まさしく日本国憲法が求めているものであって、われわれが「国民の生活が第一」をもって党是とし、国民の生活が第一を党名とするゆえんである。
 【三つの前提】
 わが党は、自立した個人が自由と公正を規範とするとともに、多様な価値観を持つ他者と互いに認め合う「共生の社会」を目指す。その実践原理である「国民の生活が第一」を追求するに当たっては、三つの前提が確立される必要がある。
 1、国民の主権
 主権者である国民に対し、情報が開かれていなくてはならない。国も官僚も企業も団体も、もはや公共の福祉の名の下に情報を独占し隠蔽(いんぺい)することは許されない。議会制民主主義の虚構化を回避し、「国民の代表者」による真の政治主導を確立することは、国民主導の政治の実現のための必要条件である。
 2、地域主権
 日本の各地域には、連綿と続く歴史があり文化があり暮らしがある。地域が地域としての自立性と公平性を維持しつつ、産業と生活の利便が享受できる街づくり、地域づくりが確保されなくてはならない。そのために必要な国と地方との関係については、統治機構の抜本改革の中で協議を先行させる。
 3、国家としての主権
 いかなる個人もどのような地域も、国家の自立なくして成り立ち得ないのは自明である。同時に、国民の人権が侵され、国土が保全されていないとすれば、国家の威信も守れない。日本が国家としての主権を毀損(きそん)されることがないよう、安全保障のみならず文化・教育・科学技術・経済・金融・外交等々、広範に目配りして真の主権国家を確立する。
 わが党は、諸国家、諸民族、諸文化、さらには自然とも共生する理念の下、世界の平和と持続的繁栄のための諸活動に、性別・年齢・分野を問わず積極的に参加することを求める。平和と繁栄という普遍的な目的への人類史的貢献の発信者としての日本を、すべての国民が名誉と思える時代を築くためである。




今はこの動画を少しでも多くの人に見て欲しい。

libarty at 02:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

July 11, 2012

ゆるゆり♪♪主題歌シングルがオリコンWトップ10入り

libarty at 02:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CD棚 

July 10, 2012

出る杭は打たれる、正直者が出る杭になっている?

京野公子衆議院議員の決意!「党よりも、組織よりも大事な事がある。 それは、自分が体を張って受け止めた生活者の声である」。(「日本人」の研究!)

(以下、引用)
そして、とうとう消費税増税法案の採決。
これは、 大政翼賛会政治の再来を思わせる、戦後最大の 民主主義の危機である。
それでも、民主党ということで、私に投票して下さった 方々を思い、
直ちに離党の決断はなかなか下せなかった。

しかし、政権交代実現に至る過程で代表をつとめた
お二方をも含む、反対票を投じた「造反」組に 、厳正な処分を求める一期生の、
官邸への要請行動を 目の当たりにし、人間としての信義すら省みない党の
体質に根本から疑問を感じた。

(以上、引用終わり)

こういう人たちを我々は信じたい。

libarty at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

July 09, 2012

国民を脅迫するという政治手法を目の当たりにしたことで、日本人の政治への信頼は戦後最大レベルで失墜している

K.V.ウォルフレン氏が本誌に予言した「首相官邸包囲デモ」の不気味な的中 週刊ポスト2012/07/20-27号(来栖宥子★午後のアダージォ)

警察も政府もマスコミもホントどうかしてる。
「国民を脅迫するという政治手法」は今までも幾度となく繰り返されていた。
特定の人間には。

しかし、もう一般的なことになっただけだ。 

バブルのとき、冷戦構造が崩壊するとき、政治は何をしてきたか、
政治そのものはどのくらい公開されてきたか、
そして、CSの国会TVはなぜ追放されたのか、

正しい情報がどんどんクローズされていく印象の中、
そもそもまだまだ公開されていない、公開すべき情報が多すぎるのだ。

日本の原子力は、
事故があったにもかかわらず、今でも公開されている情報はまだ少ない。
なのに再稼働。 

もう脅迫されて従っても、自分が生きていけないばかりか、
後世に渡って生活が困難になる、そう考えた結果なのだ。

一人でも多く国民の代表である国会議員にこの声が届くまで。

libarty at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

July 08, 2012

阿修羅より。引用

国民を騙した民主党は戦後最悪の政党、政策云々ではない(消費税増自体すら欧米比較で国民騙しだ)(阿修羅)
http://www.asyura2.com/12/senkyo132/msg/681.html 

マニフェストに出したことは実行可能なのにしなかったってことらしい。
やはり、菅クーデターだったのだ。

libarty at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

July 07, 2012

みかこしのニコ生をチェック!この夏はみかこしの歌声が聴きたい!!

小松未可子「cosmic EXPO」発売記念「七夕祭り〜星に願いを乗せて・・・〜」ライブ生中継
http://live.nicovideo.jp/watch/lv98927609 

を、出勤前に見てました。
来週発売の「cosmic EXPO」から4曲のところを5曲歌うというサービスっぷり。
さらに、8/19に初ワンマンライブの開催が決定。

【みかこし】小松未可子さんが浴衣姿で「cosmic EXPO」発売記念イベント!8月19日に全曲ライブ開催決定!(声優☆速報)
http://seiyuusokuhou.blog106.fc2.com/blog-entry-3017.html
http://www.starchild.co.jp/artist/komatsumikako/information/




libarty at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

July 06, 2012

ちょっと、地元を思い出す。

先日、十二橋・佐原の記事を書いていて、そういえばキンシオでは潮来も行ってたな・・・
と思い、潮来を改めて検索していると、
やはりショッピングセンターアイモアの存在が・・・ 

ここは今でも実家に帰るとよく行く場所のひとつ。
近年まではこんな映像しかないのですが・・・


今ではイベントが簡単に主催できる上、こんな動画チャンネルまでもが・・・
http://www.youtube.com/watch?v=wqYZBX8aRfE

以下、最新(?)の動画より


 


そして、7年前
PUFFYは、なぜこの場所でPVを撮影したのか今でも謎。

libarty at 03:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お知らせ 

July 05, 2012

ちょっとだけ、批評を

声 が 不 快 な 声 優 : やる速

かなり曖昧なラインなのだが、まぁそうなる部分は否定できない。
まぁ、うっぷん晴らしだと思いたいのだが・・・

誰かを叩いて、溜飲が晴れる。
これを次から次へ変えることで、批判を免れている人間がいる。

権力を持つ者に、批判の目を向けないといけないのに。

libarty at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

July 04, 2012

七森中☆ごらく部、デイリー6位・7位でスタートダッシュ!!

「ゆるゆり♪♪」OP&EDがフラゲ日デイリーだけで約13000枚売り上げる!すげええええええええええ(seiyu fan)

みかしーが金曜、るみるみが水曜を担当する「Lady Go!!」のスポンサーにもなった、
ポニーキャニオン。「けいおん!」の次は「ゆるゆり」とばかりにノリに乗っています。

6位七森中☆ごらく部「いぇす!ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪」13,388枚、
7位〃「100%ちゅ〜学生」12,946枚、

この数字は立派だわ。 





libarty at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ欄 

July 03, 2012

これこそ、日本が報道すべき内容なんだよ。

「小沢氏と国会議員の離党」(AFP - France24、DWの記事より)(阿修羅)

(以下、引用)
日本の与党・民主党に痛恨の一撃:小沢氏の影響を強く受けた40人の衆議院議員と12人の参議院議員が、離党届を提出した。彼らは消費税の引き上げに異議を唱えた。首相は今のところ過半数を保持している。


AFP - 月曜日、日本で最も影響力のある政治家の1人である小沢一郎氏が、51人の国会議員を連れて与党を離脱した。現在計画中の消費税引き上げに抗議するためだ。

国会議員たち−40人の衆議院議員と12人の参議院議員−は、2009年から与党となっている中道左派・民主党(PDJ)の指導者・野田佳彦首相に離党届を提出したと、離党した議員の一人が記者に明かした。 

党執行部は今日中に会議を開き、大量の離党者に処すべき措置を決めることになっていると、民主党員たちの話から分かった。

これは野田首相にとって痛恨の一撃を意味するが、衆議院議員40人を失っても、圧倒的過半数を占める与党が、衆議院で握っている多数派の立場を奪われることはない。

離党者たちは、先週、消費税を現行の5%から2014年4月には8%、2015年10月には10%にする計画の法案に反対票を投じた、民主党の衆議院議員57人の一部だ。 

この法案はこれから参議院に提出されることになっているが、野党の保守・自民党の票があるため、困難なく可決されるに違いない。政府財政健全化のために必要との判断から、自民党はこの措置を支持しているため、両者の間で妥協が成立している。

69歳の小沢氏は、2009年8月の民主党の歴史的勝利の立役者だったが、今回の増税には反対しており、この時期に増税を行うのは経済的に時宜を得ておらず、党の公約にも背き、市民に更なる負担を求める前にやるべき経費節減策はまだあると主張している。

 50人の国会議員−38人の衆議院議員と12人の参議院議員−は、月曜日、野田佳彦首相に離党届を提出した。

小沢一郎氏と他の与党議員が去ったことで、与党民主党(DPJ)は、国会で優越的地位にある衆議院で過半数割れに近づき、野田首相が退陣させられる見込みは高まっている。

離党する議員たちは、小沢氏の下で新しい政党を作るようだ。

民主党所属衆議院議員のうち55人が与党を離脱した場合、同党は衆議院で過半数を失う。これにより、首相への不信任投票が行われる可能性も出る。野田首相が衆議院で過半数を失った場合、同首相は辞職するか、国会を解散して総選挙を行わなければならなくなる。

先週、与党・民主党は、今回の分裂の元となった、現行5%の消費税率を2014年4月には8%に、2015年10月には10%に増加させる、消費税引き上げ法案を衆議院で通過させた。野田首相は法案の通過に尽力したが、自分の政党の議員57人が反対票を投じた。一方、15人が、反乱の明確な意思表示として棄権した。

野田佳彦首相は、国内の高齢者数が増加を続けるのに伴い、日本で上昇する社会保障費を賄うために、増税が必要だと主張した。

小沢氏は、増税は民主党の側にいる「一般国民への裏切り行為」だと語った。

この法案を批判する人々は、野田佳彦首相は増税ではなく、日本の失業の増加要因となっている、デフレに取り組むべきだと語っている。

9月に就任した野田氏にとって、与党の分裂は手痛い一撃だ。野田氏自身の人気は低下している。日本の時事通信が6月に行った世論調査によれば、野田内閣に対する一般国民の支持率は、たったの24%となっている。
(以上、引用終わり)

AFP-France24の原語記事
http://www.france24.com/fr/20120702-japon-noda-ozawa-demission-pdj-politique-economie


果たして、日本のマスコミと呼ばれる報道機関はこういう報道をしただろうか?
 


libarty at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

July 02, 2012

これが神対応というものだ。

【お知らせ】超!A&G+の視聴がMacOSとAndroidOSに対応(A&Gニュース)

これぞ、神対応。
iOS版ではできなかった、バックグラウンド再生ができるのがいい。
まだ不具合が出るものの、さらなるバージョンアップに期待。

これからはMacでもAndroidでも、こんな映像や、


こんなアーティストも、


こんな音楽プロデューサーも見ることができる。


ただし、音楽プロデューサーさんはこんな感じではありませんが・・・

libarty at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ欄 

July 01, 2012

稲尾和久生誕75周年記念のメモリアル試合でトリプルプレー

libarty at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他