December 2012

December 31, 2012

コミケ83、3日目拠り所リストと結果。

西ホール
れ33「はじめまして。」
あ30a「岡崎律子トリビュート倶楽部」
い23a「ひろだくしょん。」
う04a「メトロポリちゃんVです」
う-08a「姫騎士オフライン」
う11a「ももじゃむ」
う21a「yanmaさん関連」
こ39b「テレガマ」
け22b「薬師るりさん関連」
さ-39a「たさゴー本舗」

東ホール
ア-07b「G-SCAN CORP.」
イ-45b「Singing-DOG」
エ37b『篤屋工業』
チ58a「N式」
テ-29a「pro-tec」
C48a「ゴローの家内制手工業」
Q12b「ChocoCreamCookies」
R15b 『MILK CAT』
パ07b 『練馬産業大学落語研究会』

1日にまとめすぎだろ・・・続きを読む

libarty at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

December 30, 2012

angela抜刀祭にみかこし参戦で…

image


数年ぶりにangelaの単独ライブに行ってきました。

angelaといえば振り付け。
今回もいろいろ踊ってしまいました。
周り関係者ばかりの2階席でしたが。

みかこしは、「Black Holy」と
angelaと3人で「冷たい部屋、一人」を披露。
出番のあとは、2階席入り口付近で
旗振ってました。

2013年はangelaデビュー10周年。
アルバム発売、全国ツアー、春アニメタイアップ決定と続々発表。
これは期待。

image



libarty at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

December 29, 2012

コミケ83、1日目戦利品。

image



コミケ初日は企業でしょ。
ああ、あのCDだけ手に入らなかった・・・

libarty at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

December 28, 2012

上坂すみれプロジェクト??

【謎のCM】上坂すみれプロジェクト始動!来年2月11日建国記念の日に何かが起こる(声優☆速報)

これ以上、何を建国するというのだ。
赤い、紅いぜ。
LIBARTYは上坂すみれを応援します。

libarty at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ欄 

December 27, 2012

アフィリア、GO HOME!!

image


アフィリア池袋。やっぱり和む。
ミィナさんやコヒメさんにも会えたし。

これでコミケぎりぎりまでがんばれる!

libarty at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

December 26, 2012

2012年、無かったことにしたいこと?



私も1票入れた「未来の党」の票は死票にされた。
自分の意見としては、来年夏・衆参ダブル選挙して欲しい。
首相選びはそれからでいい。

libarty at 00:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

December 25, 2012

吉田仁美×としまえん×イルミネーション

今年は25日も休日なので、
吉田仁美さんの営業…もとい、巡業@としまえんを見に行ってきました。
image


アニメコンテンツエキスポで1度見たものの、
子ども相手にどんな感じなのか見たかったので。

小さいお友達のいじり方がうまいな…
アニソンキングにも出演する彼女。

大きいお友達も踊っていいのかな?

image


最後にはイルミネーション点灯!!
さすがにキレイだなと。

libarty at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

December 24, 2012

イブなのにイベントなんて修羅場すぎる!!

冬アニメ新番「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
の放送直前イベントに行ってきました。
image


会場は 日本橋三井ホール
image


アニメのイベントというよりは、
ビジネスやアコースティックライブなどで 使われている場所での開催でした。
image


出演は、
季藤鋭太役の逢坂亮太さん、
春咲千和役の赤崎千夏さん、
夏川真涼役の田村ゆかりさん、
そして、司会の鷲崎健さんの4名。

クリスマスイブらしく、ホームパーティー風にイベントを展開。
その中でジェンガゲームがまさかの成功。
そのごほうびとして、アニメ第1話が最速上映されました。
感想としては、 逢坂さんもちーちゃんもそれぞれの持ち味を出してましたが、
やっぱりゆかりんがすごかったな・・・
というか、夏川真涼がですけどね。
まぁ、女性に自分の秘密を握られたいだけですが。



libarty at 20:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ欄 

December 23, 2012

選挙結果に嘆くよりもデモに参加したほうが良い



沖縄だって、日本。
福島だって、日本。
霞が関だけが日本じゃない。

libarty at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

December 22, 2012

中二病、よかったよ。あと、六花の中の人も。

【中二病 六花役】内田真礼ちゃんのコスプレwwwwwwwwww(声優☆速報)

ちょっと地味でも黒髪ストレートの清楚系を好んでしまうのが、LIBARTYクオリティ。

libarty at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

December 21, 2012

JUNK他力本願ライブ2に、南海キャンディーズの復活をみた!

image

「水曜JUNK山里亮太の不毛な議論」 のスペシャルイベント、
「他力本願ライブ2」に行ってきました。

これは、芸人さんからのツッコミフレーズをオチに、
水曜JUNKリスナーが、コントや漫才の台本を送ってもらい、
実際に舞台で披露するというもの。

今回は、トータルテンボスさん、
さらば青春の光さん、
アンガールズさん、
R藤本さん、
東京03さん、
そして、南海キャンディーズさんの
計6組が参加。

特に南海キャンディーズとしては、
実に5年ぶりの新ネタ。
山ちゃんはMCも担当しているので、
自分の出番が来るまでの緊張感がめちゃくちゃ伝わってきました。

他の芸人の皆さんも、
初出しであることと、
次から次へうけているので、
緊張感が半端なかったです。

しかし、そこはプロ根性で
どんどん笑いに持っていくのはすごいと思いました。
たとえ噛んだとしても。

image

物販ではJUNKのパーカーを買ってきました。
これで冬をがんばる!


libarty at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

December 20, 2012

原子力より石炭?

原発の代替エネルギーとして、
石炭が注目されている。


自然・再生可能エネルギーの安定・継続活用法が確立するまでの、
当座の問題として、原発を代替するエネルギー源としては、
化石燃料を使用せざるを得ない。
その中でも、石炭火力は比較的安いランニングコストで、
かつ日本の技術が活用できる近道である。


石炭なら日本にもたくさんある。
まだ使える。
活かして欲しい。

libarty at 14:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

December 19, 2012

「日本一新運動」の原点―140転載

「日本一新運動」の原点―140
                              日本一新の会・代表 平野貞夫妙観

 事務局の報告によれば、全国規模で、会員諸氏がそれぞれの選挙区での活動に、ボランティアとしてお働きいただいた由、本当にご苦労様でした。「国民の生活が第一」として総選挙に臨む予定だったとき、全国のお仲間が約800枚強のポスター掲示に協力いただいたとも報告があった。

 「日本未来の党」に変わった後は急なことで政党ポスターが間に合わず、一部からはお叱りのメールを頂いたようだが、事情ご賢察の上お許しいただきたい。また、寒風の中の選挙運動に、私や小沢さんの体調を気遣うメールもたくさん届いていて、そのすべてが転送されていることもご報告しておく。ありがとうございました。


 ○ 第46回衆議院総選挙を考える!

 さて、12月16日(日)に行われた第46回衆議院総選挙の結果は、巨大メディアの誘導的予測どおり、自民党の圧勝で連立政権となる公明党を加えれば、衆議院で3分の2を超える325議席となった。この総選挙は、日本国と日本人の、これからの50年に至る命運を決める重要な問題を持っていた。そこに気づいた有権者が少数であったことが、自民党圧勝の根本原因であったと思う。それは「命と暮らしを守る政治」か「戦争への道の政治」かの選択であった。

 選挙である限り戦略や戦術論が大事なことは当然のことで、開票直後から政治ジャーナリストたちがいろんな発言をしている。「自民党が勝ったのではない。民主党が自滅したのだ」とか、「第三極がバラバラで、自民党が漁父の利を得たのだ」等々である。当たっているところもあり、当たっていないところもある。もう少し幅広く基本的な問題について考えておくことが必要ではないかと思う。


  ‥衂捨┐59.32%と戦後最低を記録した問題!

 深刻な不況と長期デフレの中で、格差社会が拡がるという悲劇、消費税増税10%を成立させた後に、総選挙で民意を問うという議会民主政治と憲法原理を冒涜したことに、有権者は怒って然るべきだ。それを投票行動で表すのが国民主権の民主政治だ。それが戦後最低の投票率となったことは理解できない。

 もうひとつ、東日本大震災の復興も行き詰まり、福島第一原発事故も収束せず、原発の安全チェックも不明のまま再稼働への動きが企まれている。脱原発は昨年3・11以降から国民の声というよりも、国是ともいえるものだ。世界の眼は、日本での総選挙が「原発に依存しないエネルギー体制を確立する絶好の機会」と期待していた。それがこの戦後最低の投票率でウヤムヤになった。

 この総選挙の不思議なところは、有権者たちは消費税増税を政権政党として強行成立させ、原発再稼働を強行した「野田政権」を壊滅させた。同時に、「消費税増税」に3党合意として協力し、原発再稼働を心の底では喜んでいる自民党と公明党に歴史的勝利を与えたことだ。この民意の「ねじれ」をつくる正体は何であろうか。

 この総選挙は、当初、既成政党と第三極の政治理念や政策の闘いと報道されていた。第3極が「オリーブの木」のようにまとまれば、こんな結果にならなかったであろう。第3極がまとまらなかった理由は、石原前都知事等が「維新の会」に合流し、その性格を変えてしまったことによる。誰がなんと言おうとも「日本維新の会」は自民党の補完勢力である。この流れができるとともに、巨大メディアが総選挙の争点として集中的に報道するようになったのが「雇用と不況対策」であった。

 「反消費税増税と脱原発」を解決しなくては「雇用と不況対策」も解決できない同質の問題である。未来の党が同じ思いで「命と暮らしを守る政治」を主張するようになると、巨大メディアは「雇用と不況対策」を異質のものとすり替えて報道するようになる。「金融緩和や建設国債の日銀引受け」といった財政規律を無視した論だ。金融緩和をいくらしても、マネーゲームを増進させるだけで、庶民のふところは潤わず、格差社会をさらに深刻にするだけである。

 この巨大メディアの「すり替え報道」で、コリゴリなはずだった自民党政治が圧勝したのだ。自民党利権政治を民主党に政権交代させたものの、官僚利権政治のハエ採り紙に捕まり動けなくなって、自民党政治に合流したい民主党野田政権は、もう沢山と自滅することになる。戦後最低の投票率による「ねじれ」をつくったのは、巨大メディアであるといえる。

 戦後最低投票率にもうひとつの理由がある。それは総選挙の争点の主役から降ろされた「脱原発と反消費税増税」を運動していた有権者は、巨大メディアの報道すり替えで、政治不信を起こしていった。結党したばかりの「未来の党」は、「命と暮らしを守ろう」と必死に叫んだが、多勢に無勢であった。


 ◆|Ω業デモでの「小沢発言」が日本を救う!

 12月14日(金)午後7時半、小沢一郎氏は国会正門前の脱原発デモに参加し、次の訴えを行った。「明確に脱原発を期限を切って、党として主張しているのは未来の党だけだ。経済がおかしくなるとか、電力の供給ができなくなるといわれるが、決してそう言うことではない。私は信念として自信をもって、脱原発はやればできると考えている。総選挙において論点からはずされていることに、新聞・テレビで脱原発という言葉を使わない状況がある。日本の社会が既得権の癒着の中で、マスコミさえそういう中に組み込まれていることが、日本の将来が真っ暗な道に進んでいくことになると思う。この声を、子供たちのこと、孫たちのことを日本の未来を心配する皆さんの声を多くの国民に伝えてください」と。(要旨)

 また、小沢さんは同月12日(水)、都内での街頭演説で「脱原発」にふれ、代替エネルギーが完成されていることを話した。クリーンで安く、国内重電メーカーが開発した「超臨界圧石炭火力発電システム」が実用段階にあることを承知した上で、国内炭を資源として活用でき地方振興や雇用、不況対策に役立つとして、脱原発に自信をもって話をした。

 例えば、10年後といった近い将来、安く安定したエネルギー資源により電力が供給される見通しができると、わが国の産業は画期的発展を期待できる。使用済み核燃料といわれるプルトニウムを核燃料サイクルとして再利用する政策は、人類のみならず、地球上で命を育むすべての生物に関わる重大問題である。地震国日本に住む人間として、小沢さんの脱原発論は日本を救うものといえる。総選挙で、仲間が少数になったとはいえ、これは新たな出発点となる。小沢でなければ日本は滅ぶ。


 ○ もうひとつの総選挙憲法違反疑惑!

 12月16日に行われた総選挙が、定数配分で違憲状態と最高裁判所が判示していることを知らない人はいないと思う。もうひとつの総選挙違反疑惑が判明した。同月15日付のNHK(ウェブ版)は、全国49.000個所の投票所のうち、約30%の16.000個所で投票終了時間が繰り上げられると伝えた。公職選挙法は「特別の事情がある場合」と規定しているが、平成12年の法改正で各自治体の判断で変更可能となった。

 調査した専門家の説明によれば、東日本大震災で被災をうけた岩手県、宮城県、福島県など東北地方を中心に、全国にわたっているとのこと。

 特に福島県内の全投票所で、1時間から最大4時間の繰り上げが行われたようだ。また群馬県内では99%の投票所が繰り上げられた。これを聞くと、福島原発事故の放射能被災地区に繰り上げが多く、これだけ集中して行われるには、「脱原発運動」に対する投票妨害ではないか。そしてまた、この集約的繰り上げには何らかの影響力が行使された疑いがある。

 国民主権に基づく参政権は民主政治の原点である。国民主権の唯一の執行権である投票行動に制限を設けるとは、徹底した調査が必要である。


追記
 ☆本号は無限拡散希望につき、転載許諾を必要としませんので、お取り扱いをよろしくお願い申し上げます。

libarty at 12:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

December 18, 2012

2013年期待?の新人声優

昨日のLady Go!!に出演したすみぺの後輩、ゆりりんこと駒形友梨さん。
http://www.joqr.co.jp/blog/lady/archives/2012/12/post_724.html

昨年の全日本アニソングランプリのファイナリストでもある彼女。


来年1月スタートのアニメ「まんがーる!」で本格的に声優活動を開始!!
宮本佳那子、駒形友梨、尾高もえみ、大橋彩香にインタビュー!TVアニメ「まんがーる!」のユニット始動!

さらにはこの作品がらみで超!A&G+にレギュラー出演するらしい。


2013年、期待の声優登場ってことでいいですかね?

libarty at 03:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

December 17, 2012

異常な解散、異常な選挙、異常な結果。

やはり、結果も異常だった。
これが自分の感想である。
衆議院も東京都も結局は石原慎太郎という80歳の老人に翻弄され、
自民党も含めて、すっかり右傾化どころか、戦争できる国になってしまいそうだ。

それではますますアメリカっぽくなり、若者を貧乏にして兵役にでも就かせる気である。
下手したら徴兵されるという現実。

民主ではダメ、ならば自公 か維新かの選択肢しかないようになってしまった。
そしてこの低投票率・・・。
それはこの国の支配者層がマスコミを総動員して動かした結果でもある。 


しかし、である。
1.消費増税の白紙撤回  
2.TPPに参加しないことを決定する  
3.国民の同意なく原発を再稼働させない

この3つは自分としても絶対に譲れないし、
この3つを掲げる日本未来の党の支持は変えるつもりはない。 

来年夏の参議院選挙、
またその次の衆参の選挙までに
候補者のさらなる選定、党執行部の改編を望むしかない。

そして、LIBARTY自身としても
「すべては、既得権益が『主権者国民の政治』を力ずくで破壊しようとした、その流れに沿うものである。」
そういった政治実態をどんどん言及し、
反原発・反TPP・反消費税増税のデモに参加したい。

libarty at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

December 16, 2012

ミューコミプラス、アニメ紅白Vol.2に行ってきた!!

ミューコミプラスが復活させてくれた、
ニッポン放送アニメ紅白歌合戦。
その復活第2弾が、国立代々木競技場第一体育館で開催。

スフィアの初披露楽曲、
竹達彩奈、羽多野渉の新曲、
小林ゆうの落語に、
変態音響監督やハートストーリーなど、
盛りだくさんな企画に加え、
シークレットゲストとして、
20世紀アニメ紅白の白組キャプテンだった、緒方恵美さんが登場。
感動のフィナーレでした。

よっぴーこと吉田アナへのサプライズは、
野菜ソムリエでもある、奥さんの吉田めぐみさんが登場。
愛情たっぷりのゴーヤジュースを飲みました。

いやー騒ぎすぎた。

image
続きを読む

libarty at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

December 15, 2012

鉛筆持ったら、未来の党。

選挙戦、最終日。
日本未来の党、 嘉田由紀子代表・小沢一郎前衆議院議員合同演説(IWJより)

Video streaming by Ustream



今回の衆議院解散は、3党(民主・自民・公明)合意に基づくものであり、
有権者を諦めさせ、選挙を形骸化するための解散である。

国民を完全に舐めきっているわけだ。
そのとどめがTPP・原発(核兵器)・消費増税。
民主党は政権を獲った直後から、小沢一郎を排除しようと動いていた。
少なくとも、菅・仙谷・前原・枝野・岡田、そして野田内閣の面々・・・

日本未来の党・新党大地・新党日本(田中康夫)・今はひとり(山本太郎)が全員当選しても、
480議席のうち、130議席。
次善の策として社民党に入れて、それでも150議席。
それでも選択肢がなければ、小選挙区は共産党しかない。
比例で北海道は新党大地、それ以外は未来の党に入れればよい。

しかし、である。
この130議席がなければ、
反消費税増税・脱原発・反TPP、そして弱者の声は届かない。
この弾みがなければ、来年夏の参院選にはつながらない。続きを読む

libarty at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

December 14, 2012

小沢一郎12.14官邸前集会演説文字起こし

小沢一郎12.14官邸前集会演説文字起こし   「今の日本社会の持っている本当に大きなミス」(阿修羅)


日本の社会が本当に既得権の癒着の中で、マスコミさえも、そういう中に組み込まれてしまっているということが、非常に、これは、いま日本社会の持っている、本当に大きなミスであります。こんなことが、まかり通っていたならば、かならず、日本の将来は真っ暗な道に進んでゆくこととなると思います。


この選挙は脱マスコミ選挙である。
新聞全国紙・テレビ地上波キー局の偏向報道は
まさしく既得権の癒着そのもの。

大事な1票を未来の党・新党大地・新党日本・社民党へ。

libarty at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

December 13, 2012

エコプロダクツ2012初日

image


本日より日本最大の環境展示会、
エコプロダクツ2012が開幕。
実はうちの会社も小さく出展してました。
でも、部署違うから社内では会ったこともないけど…

少ししか居られなかったから
また明日も行ってこようかな?

今週土曜まで、
東京ビックサイトで開催中。

libarty at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

December 12, 2012

アニメ「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」とクリスマス?

クリスマスにはもれなく仕事をしてるLIBARTYが今年は
なんと新作アニメのイベントに行ってくることになりまして・・・

2013年冬アニメの要注目作品としてこのブログでは応援していこうと思います。
 



第2期の制作が決定した「這いよれ!ニャル子さん」とのコラボあるそうで・・・

libarty at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ欄 

December 11, 2012

水樹奈々、ニューアルバム、フラゲ日

image



ニューアルバム「ROCKBOUND NEIGHBORS」発売中!
アニメイト特典は特製クリアファイルバインダーらしい・・・


libarty at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CD棚 

December 10, 2012

秋葉原の次は新宿でしょ。

image


今日は新宿ぽんでに行ってきました。
土曜に秋葉原行ったので。
本当はリフレだけじゃなくて食事もしたいけど…
ああ、終電。

libarty at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

December 09, 2012

期日前投票に行ってきた!!

来週の投票日はアニメ紅白ということで、
期日前投票に行ってきました。

image


しかし、投票所には選挙公報がまだ来ていない…
とはいえ、支持している候補に入れましたが。

やっぱり急な選挙なんですな。
衆議院の解散はもっと制限しないと…

libarty at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

December 08, 2012

秋葉原ぽんでもクリスマス!

image


秋葉原ぽんでにリフレで。
このところチョイチョイ来てる感じ。

やっぱり最後は秋葉原なんですかね。

libarty at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

December 07, 2012

第46回衆議院議員総選挙、小選挙区支持候補一覧。

公示日から3日経ってますが、
このブログでも支持候補者を小選挙区ごとに掲載します。

LIBARTYとしては脱原発・反消費税増税・反TPPの立場をとっています。
そして、この国のシステムをメディアに至るまで変えて欲しい、と願っています。
ちなみに、比例区は「日本未来の党」を支持します。 


続きを読む

libarty at 02:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

December 06, 2012

第46回衆議院議員総選挙、支持候補決定。

火曜日に公示された総選挙。

我が茨城3区は4人が立候補。
LIBARTYは日本未来の党小泉俊明氏を支持します。

この候補については下記ブログを参照して欲しい。
小泉俊明議員のニュースに強い違和感(神州の泉)

(以下、引用)
 通常なら、内内で済ませられる事柄を、故意にマスコミに提供して針小棒大に報道し、
人物破壊を行う。
この形は最近とみに目立ってきたように思う。
巨悪が握りつぶされ、わずかな瑕疵が拡大放送されて繰り返され、人物破壊に至る。
さらに言うが、議員会館の不適切使用と、年間自殺者を三万人も出し続け、
明日の解雇を心配する派遣労働者を量産した国政を支持し続けた、
国賊政治家たちとどちらが悪質かという問いかけが出てくるのである。
TPP支持議員も国賊である。
小泉議員を叩いている連中こそ、人間のクズ、亡国の徒たちではないか。  
小泉俊明議員を失脚させたら、国家の大きな損失になる。

(以上、引用終わり)

libarty at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

December 05, 2012

やっていい選挙運動とは?

やっていい選挙活動、こんなにあります(脱原発総選挙)

ホームページやブログ、ツイッターなどで
「私は○○党(○○さん)を支持しています、投票します、投票しました等書く
のはOKとのこと。

と言っても、各選管に問い合わせる必要があるそうだが。
このブログでも支持候補者一覧をまとめる予定です。

libarty at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

December 04, 2012

選挙の基本を読んで、舐められない民になるべき。

選挙の基本
http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2012/12/post_327.html#more
2012年12月 4日 田中良紹の「国会探検」

本文を読むと、民主・自民・公明のどれに入れても消費税増税に賛成。
アメリカに蔓延る、新自由主義なら3党も含め、日本維新の会やみんなの党に入れても同じ。

今日は第46回衆議院総選挙公示日。
この3年間で民主党は何をしてきたか?
代表時代に議席を増やしてきた功労者の小沢一郎を内閣に入れず、
党員資格停止にした挙句、党から追い出し、
政権交代をして総理になり、党の創始者でもある鳩山由紀夫を公認せず、
ひたすら財務省の官僚に踊らされた結果が今である。

そして、信を問うというのは民自公維新の大連立にし、翼賛政治にするということだ。
私、LIBARTYはこれに反対し、日本未来の党・新党大地・社民党・新党日本を支持します。 



libarty at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

December 03, 2012

久々の千葉、作善。

image


月曜は千葉でお仕事でした。
で、帰りに行ったのがメイド居酒屋「作善」。

今日のおまかせは、刺身とサラダと角煮。
すっかり、お腹いっぱいになったわー

libarty at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

「日本一新運動」の原点―138転載。

「日本一新運動」の原点―138

                                日本一新の会・代表 平野貞夫妙観

(「日本未来の党」結成の歴史的意義)

 滋賀県の嘉田由紀子知事の提唱で、11月27日(火)、『日本未来の党』が結成された。わが国の命運を分けることになる衆議院総選挙を一週間後に控え、複数の政党が「戦争への道」を、堂々と唱えるようになった。国民に、ファシズムにつながりかねない間違ったナショナリズムが目立ち始める国政選挙である。

 『日本未来の党』は人間の良識を生かし、「未来をつくる政治の結集軸」として結成されたものだ。「いのちと暮らし」を守り、誤った「戦争への道」を阻止する人々の受け皿となる、きわめて歴史的意義のある結党である。

 嘉田知事は結党の記者会見の冒頭、「キーワードは『共生』だと述べた。これは「日本一新の会」のキーワードでもあり、「メルマガ・日本一新」では「共生社会」の創造について何回も論じてきた。日本一新の会は「共生」を信条とする『日本未来の党』の結成を高く評価したい。また、結党理念として『びわこ宣言』を発表した。そこには、3・11の原発事故後初の国政選挙で、「原発のない社会」に向けての論議が不透明になっている政治に怒りを突きつけ、「卒原発」を提唱した。

 民主・自民・公明・共産・維新の各党は、嘉田新党の影響を恐れたのか、「総選挙のための互助会だ。狢憾業瓩世韻貌嘆修靴晋約で国政ができるのか」と批判している。
 嘉田新党は「卒原発」を最重要課題とし、「いのちと暮らし」を守るために、○女性の活用 ○安心・安全社会の実現 ○脱増税 ○脱官僚 ○品格ある外交などを政策の柱としている。

 これらの基本政策は、合流を決めた「国民の生活が第一」、「脱原発」、そして部分合流の「みどりの党」各党の基本政策でもあったものだ。共通する理念と政策をもつ政党が合流することは、議会民主政治では当然のことで、別々の政党であることが不自然である。

(「卒原発」が新生日本をつくる!)

 嘉田知事は記者団の質問に答えて、「福島原発事故は終わっていない。原発から卒業できる道を示さないといけない」と述べた。「原発から卒業できる道」とは、「原発資本主義から卒業できる道」といえる。わが国では、戦後の復興をさらに繁栄させる基盤が原発政治であった。それは原子力行政による原子力発電であり、「原子力村」による、「ウラニウム原発」からの過剰なエネルギー供給による、排他的競争資本主義であった。

 戦後日本の繁栄を別の角度からいえば、「原発資本主義」といえる。きわめて歪んだわが国の繁栄は、「金権日本人」をつくり、「傲慢な日本人」を生み出した。そして、原発の利権に関わる官僚と学者、そして企業がエネルギー政策を支配し「国家資本主義」をつくりあげたのだ。さらにいえば、、今日の日本の政治・経済・社会のすべてにわたる劣化・惨状の原因は、原発資本主義にあった。

 原発資本主義から卒業することは、新しい「国民資本主義」を創造することである。「原発問題」は単なるエネルギー問題ではない。外交安全保障の基本問題であり、環境問題の基本であり、国民の生命と生活に直結する問題であり、硬直化した国家統治機構の問題でもある。「卒原発」の持つ意義は、今日の、行きづまったわが国の諸問題のすべてにわたる改革を必要とすることになる。「卒原発」を総選挙に特化することは、政党として他の重要政策を放置する無責任な態度との批判は当たらない。

 人類だけでなく、地球に存在するあらゆる生き物のためにも、一日も早く「原発文明」から卒業し、新しい「地球文明」を創造することは、神が私たち日本人に与えた責務である。

(小沢一郎と「原発問題」)

 小沢さんは11月26日(月)の記者会見で、「今まで原発に安易に依存してきたことは、私自身を含め反省しなければならない」と発言した。元自民党の政治家で、幹事長まで務めた人が「原発問題」で謙虚に反省の意を表したのは、小沢さんが始めてである。実は小沢さんは政治家になって以来、原発には厳しい意見を持ち、岩手県には誘致していない。私は、昭和55年頃から、小沢さんと原発についてしばしば議論をしてきた。「六カ所村核処理施設」を国会が議論していたとき、小沢さんは「原発は暫定エネルギーとすべきだ。プルトニウムの処理は困難だ」と言っていたことを記憶している。

 平成5年7月、非自民細川連立政権を樹立するとき、8党派による合意事項をまとめた。揉めたのは、「原発問題」であった。《確認すべき基本政策》の第三項で「原子力発電については、安全性を確保するとともに、新エネルギーの開発に努める」と、できの悪い文章でまとめた。当時、社会党は新設に反対し、公明も厳しく、民社は原発推進で、新生党は自民党から離党したばかりであった。

 まとめ役の私は困って、社会党の担当、日野政審会長と山花委員長に「連立政権をつくらなくてよいのか」とブラフをかけ、内容のない文章を黙認してもらった。ところが、「合意事項」を確認する八党派の幹事長・書記長会談で、赤松社会党書記長が原発ついて反対意見を言い出した。まとめる立場の小沢新生党幹事長が、赤松書記長に賛成して紛糾した。

 私がしゃしゃり出て「山花委員長も日野政審会長も了承しているはずだ」といったところ、赤松書記長は「私は聞いていない」といい出し、よけい混乱させた。その場は公明党の市川書記長が、何とか取りなしてくれて、原案が了承された。

 会談が終わって、小沢さんは私に「合意事項の案文を僕にも見せなかったのはよくない。科学技術政務次官時代、原発の危険さを知った。原発の政策には気をつけて欲しい」と注意をうけた。その後、新進党・自由党と政策づくりに参加したが、小沢さんは「原発は便所のないマンションだ」と厳しい意見であった。

 平成19年7月の参議院選挙の直前、高知県東洋町でプルトニウム処理施設を受け入れるかどうか、住民投票が行われ否決した。当時、民主党高知県連代表だった私は反対運動を行った。民主党代表の小沢さんに「ウラニウム原発の段階的廃止と、プルトニウム焼却の研究促進を参議院選挙の公約に」と進言した。「大事なことだ。至急、菅さんと鳩山さんを説得してくれ」と指示された。菅代表代行に説明したところ聞く耳を持たなかった。

 さて、3・11原発事故のことだが、小沢さんが直後にいったのは「放射能被害はすべて国家の責任で対応すると声明すべきだ」との主張だった。私は小沢さんと相談して、「非常事態対策院」を国会決議で設置して、超党派・挙国体制で、大震災・原発事故に、超法規的対応ができる構想を中曽根元首相の呼びかけで実現しようとした。しかし、菅首相が理解せず、幻となった。

 小沢さんには、板橋区ホタル生態環境館の館長で、ホタルで環境保全運動をやっている阿部宣男博士という知人がいた。震災直後、阿部博士がナノ純銀粒子を活用して放射能物質の低減に成功した。阿部博士から私に、「無害な技術であり、小沢さんが政治活動できるきっかけに活用して欲しい」と申し入れがあった。小沢さんは「物理の原理が修正されるかも知れない技術だ。政治に利用してはいけない。あなたが相談役になって被災者の救済に役立つよう協力してやって欲しい。森ゆうこ文科省副大臣にも話をしなさい」とのこと。日本原研や環境省は未だに「メカニズムが不明」と無視し続けている。

 この「ナノ純銀」による放射能低減について、「核変換の可能性があり、物理学の革命かも知れない」として、東北大元教授のI氏、大阪大名誉教授のH氏、東大元教授のS氏らが、国による本格的研究を提唱してくれている。福島県内被災自治体や東電関係者から、研究はともかく早急に活用すべしの声が出るようになった。小沢さんはこういう形で放射能浄化の活動を支援しているのである。

追記
 ☆本号は無限拡散希望につき、転載許諾を必要としませんので、お取り扱いを
   よろしくお願い申し上げます。

libarty at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

December 02, 2012

日本未来の党CM



LIBARTYは日本未来の党を応援します。続きを読む

libarty at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

December 01, 2012

アニソン AAA vol.1に行ってきた!!

image


Act Against AIDSのアニソン版、
アニソン AAA vol.1に行ってきました。
場所はZEPP diversity。

このライブで、
今日トイウォーズの生アテレコイベントで、
すみぺが鼻歌してた曲を歌う、
ZAQさんが出演するというので
楽しみにしてました。

このライブ自体はアコースティックが
主体だったので、
ZAQさんもキーボード生演奏に参加。
伊藤真澄さんと連弾で、ヒャダインの楽曲をカバー。
そのあと、デビュー曲であり、
すみぺも鼻歌し、
ちーちゃんが自分の番組でリクエストした、
「Sparkling Daydream」を披露。

サビでサイリウムがぐるぐる回るところは圧巻の一言。


トリは、LAZYからのJAM project!!
やっぱ熱いわー

image


libarty at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記