February 2013

February 28, 2013

魔術の映画。

画像1


行ってきました。
でも、軽すぎないか?
いろんな意味で。

libarty at 02:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 27, 2013

王国民の祝日。

【王国民の祝日】田村ゆかり姫が記念すべき20回目の17歳のお誕生日(2月27日)を迎える!世界一かわいいよ!|オタクニュース

王国民のみなさんは休みとって、パシフィコ横浜国立大ホールでのイベントに行くので、
今日は「王国民の祝日」。

私はたまたま今日、休みですが。

ゆかりんは永遠の憧れです。人として、同じ誕生日として。 続きを読む

libarty at 13:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 26, 2013

科学サイドがこの春、帰ってくる。

libarty at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 25, 2013

花澤香菜のアルバムを聴いておやすみ。

claire [CD]


今日は寒い、花澤香菜の楽曲を聴いておやすみ。

libarty at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CD棚 

February 24, 2013

ゆるゆり行きたい!

【ゆるゆり】七森中☆ごらく部、7月に単独ライブイベント開催決定!6月5日にベストアルバムが発売![声優☆速報]

行きたかったな・・・
チケットとれなかったし、体調わるいし。
今日は寝てました。ずっと。

倉口桃ちゃん、また見たかったな・・・
http://matome.naver.jp/odai/2134012080878028001/2134012234778292203

libarty at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ欄 

February 23, 2013

日本の「右翼」はなんだったのか?



日本と韓国と中国が仲良くなっては困る共通の敵がいる。その話をお聞きください。

libarty at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 22, 2013

安倍政権がいかに対米隷属で、弱者にだけ意地悪な政権なのかがわかる動画。

2013/02/21 参議院 予算委員会 生活の党 森ゆうこ議員の質疑



2013/02/19 参議院 予算委員会 生活の党 森ゆうこ議員の質疑


ぜひ、見ていただきたい。

libarty at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 21, 2013

すみぺとカタールの首都ドーハ

第39回 中東での初日本声優イベント。文化外交は上坂すみれの大切な柱。(asianbeat)

今日のニコ生で現場復帰したすみぺこと上坂すみれ。
昨年12月に行ったカタールのドーハ・インターナショナル・ブックフェアを中心にレポートされている。

異国の地に立つすみぺは違和感がないが、異様。
やはり、弾丸である。

libarty at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 20, 2013

ヒャダインに何が??

libarty at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 19, 2013

いや、出ちゃダメでしょ。

眞鍋かをり 参院選に自民党から出馬か!? - スポン!

今日のゴールデンラジオでは初めて聞いたと言い、否定してたものの、
何度も噛んでたので、かなり動揺してた気が。

まだ金曜パートナーの室井さんのほうが・・・

libarty at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

February 18, 2013

結局、三澤さんひとりですが・・・

上坂すみれさんが喉の休養により『Lady Go!!』をお休み ゲスト予定だった三澤紗千香さんが一人で出演!屈辱の猫耳姿が可愛い(声優☆速報)

すみぺが真っ赤なら、さちかちゃんは真っ黒でした。
すみぺとは違う安定感と不安感でした。

これが交わったら・・・


libarty at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 17, 2013

下北沢が変わる?

IMG_0372[1]

















小田急下北沢付近が地下化するらしい。
じゃ、なくて演劇を見に行ってきました。
春の日ボタン「おかえり、ギフト」

ももかさんおもしろかった。というか、明るくなった。




libarty at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 16, 2013

私たちは現代医学に殺されてしまうのか?



日本国民は心身ともに健康でいられないのか?

libarty at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

February 15, 2013

「国民の生活が第一」の幹事長を務めた東祥三氏(生活の党)の動画。必見です。



東祥三氏にはマスコミと正面から闘って欲しい。

libarty at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

February 14, 2013

ロゴスキーバレンタイン

チョコレートよりボルシチ、
画像1


チョコレートよりつぼ焼き、
画像1


チョコレートよりロシア紅茶。
画像1


甘さも苦さもイラナイ。
寒さに対抗するにはこの味。
渋谷ロゴスキー。
画像1


libarty at 14:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 13, 2013

[コカ・コーラ]フリースタイルにはまる?

[コカ・コーラ]フリースタイルがドリンクバーに新登場

コカ・コーラ フリースタイル

コカコーラ、ファンタオレンジ、スプライトなどの定番に、
アクエリアスのソーダなどのオリジナルを含めたドリンクバー。



これ、いいわ。
三澤(紗千香)さんとかはまっていそう。

libarty at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 12, 2013

生活の党、参議院選挙2次公認内定に山岡氏、三宅氏。




生活の党 参議院通常選挙 第2次公認内定者
【比例区】 2人(新1人、元1人)
山岡 賢次 (やまおか けんじ)
三宅 雪子 (みやけ ゆきこ)

ぜひ、議員として返り咲いて欲しい。

libarty at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

February 11, 2013

なんとしかも驚くべきことに!!三澤さんが次週!!!!来られるということで!!!!

libarty at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 10, 2013

宝探しDVDイベント昼の部

画像1


女性声優が宝探しをするDVDのイベントに行ってきました。

発売がマリンなので、
マリン提供のラジオをよく流す、
超A&G+でお馴染みの、
竹達彩奈さん、高森奈津美さん、
中原麻衣さん、高橋美佳子さん、
悠木碧さん、早見沙織さん、
上坂すみれさん、小松未可子さん、
(ステージ左から)
の8人が出演。

一応、宝探しDVDイベントなので、
宝探しの企画はあったものの、
バレンタインが近いので、
チョコレートを渡す小芝居のコーナーが
一番楽しかったかも。

この8人ともA&Gオールスターに出演したら、
仕事蹴って見に行きたいな・・・

libarty at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 09, 2013

2/2、リチャード・コシミズ北九州講演会の模様をご覧ください。



LIBARTYは選挙のやり直しを求めます。

libarty at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治 

February 08, 2013

交換の儀式

画像1


ついに交代。
iPodを新しいのにデータ移行中。
それを古いので撮影。

libarty at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 07, 2013

横浜ハニハニ、いつの間にか…

image


久々に横浜HoneyHoneyのランチを食べました。

そしたら、いつの間にかCDを出していた。
で、買ってきました。

image


今日はこれ聴いてがんばる!

libarty at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 06, 2013

上坂すみれ、単独インタビュー。

声優の上坂すみれさん、ロシアからロリータまでを語る
 

朝日新聞モスクワ支局員の関根和弘氏によるインタビュー。
結構、すみぺは語りつくしていてそれを40分弱に編集している。

これを岩上安身氏などのフリージャーナリストが
Ustreamによる生中継インタビュー行ったなら、
軽く1時間以上2時間近くいけるのではないだろうか?

すみぺにこそ、何のバイアスをかけず語って欲しいものだ。

libarty at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ欄 

February 05, 2013

結局、散髪に行っただけの火曜日。

image


やっと、散髪。
やっぱ、寒いけど。

行き付けの美容室「Heart Key」に行ってきました。続きを読む

libarty at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 04, 2013

ナイスツインテール!!

image


ということで、赤坂グラフィティに行ってきました。

久々に榊美香さん参加のライブでした。
歌に、オムライスに、ツインテールに
ほっこりしました。

ツインテールは正義!
続きを読む

libarty at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 03, 2013

立ちっぱなしはやはりきつい。

image


久々の薬師るりさん参加ライブに行ってきました。
が、オールスタンディングで
しかもかなりぎゅうぎゅう…

今日も明日も朝からお仕事で、
基本的に立っていることが多いので、
数曲聴いて、撤収しました。

さすがにこのハコで、この人数では限界だよ。僕は。

libarty at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 02, 2013

今日はツインテールの日。

ツインテールの日

毎年、2月2日はツインテールの日。






今年はツインテール女性を見つけられなかった・・・
朝4時から外にいたけど。

libarty at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 01, 2013

生活の党による代表質問。  



家庭が使える所得を増やす政策を!鈴木克昌衆議院幹事長代表質問に立つ(2013.1.31)


「安倍内閣総理大臣所信表明演説」に対する代表質問

生活の党 鈴木克昌

 私は、「生活の党」を代表し、安倍内閣総理大臣の所信表明演説に対して質問をいたします。
(安全保障政策について)
 まず、冒頭、アルジェリアで発生したテロ事件にてお亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。また、突然のことであり、ご遺族、ご関係者各位の悲しみはいかばかりかと拝察し、深く哀悼の意を表します。

 世界の最前線で活躍する尊い命を失うことは、企業のみならず我が国にとっても大きな損失であります。私たち「生活の党」は、政府がご遺族、ご関係者の方々にできる限りの支援をはかることに全力を挙げることに対し、できる限りの協力をいたします。それと同時に、今後同様の悲劇を繰り返さないために、今回の事件への政府の対応について、しっかりと検証し、必要な提言をしてまいりたいと思います。

 しかし、政府がこの悲劇を悪用し、憲法の解釈をねじ曲げて自衛隊の海外での戦闘を合法化しようとするのであれば、そのことだけは、断固として阻止しなければなりません。確かに、主権国家にとって、自国民の生命と財産を守ることは、国家の義務であります。しかし、歴史を見れば明らかなとおり、いつも戦争は自国民の生命や権益を守るために、軍隊を派遣することから始まっているのです。国際紛争を一国の軍事力によって解決することは、不可能であるだけでなく、更に紛争を大きくするということを歴史は示しているのです。最近のイラクやアフガンの例を見ても明らかなとおり、世界最強の米軍を何万人投入しても決して「民を安定」させることはできないことが証明されております。

 私たちは、国際法に基づくより良い解決策を模索しなければなりません。人質になって日本人の命が失われたことで、海外派兵の道を開くような議論は平和主義の基本理念に反するとともに、私たちが国際社会で生き延び平和のうちに繁栄していく上で、極めて危険で短絡的な発想だと言わざるを得ません。

 そこで、安倍総理にお伺いいたします。総理は、自衛隊の海外での戦闘を合法化しようと考えているのでしょうか。また、どのような状況と条件の下において、自衛隊を自国民救出のため、単独で海外に派遣すべきと考えておられるのでしょうか。具体的にお答え願います。

(経済財政政策について)
 政府は、「経済再生」を最大かつ喫緊の課題と位置づけ、今般の補正予算でも約5兆円を公共事業に投入することとしております。しかし、このような財政拡張政策では、その効果が富裕層や大手企業に留まり、果実が一般国民に回ってきません。国民の生活の視点を欠いた小泉政権以来の自公政権の経済政策の結末を見ても明らかなとおり、いざなぎ越えの経済成長をもたらしたといいながらも、一般国民にはその成長は実感できず、社会格差も拡大したという事実が、そのことを証明しております。

 私たち「生活の党」は、財政政策は、「国民の生活が第一」の観点から行うべきと考えます。その際、最も大事な取組みは、家計の可処分所得を増やす政策であります。バブル崩壊後の20年間で、若者の所得が減っております。これでは結婚もできない、子どもも持てない、家も買えないのです。若者が希望を持って生きていける社会を作らなければ、家族を持とうという気にならないのです。国民の幸せの単位である家族を増やすことはできない、そんな国家には未来はありません。我が国の生産年齢人口は、1980年に7,800万人だったのが2050年には5,500万人に減少すると推計されております。一方で、海外を見ると、中国は1980年の5億8,300万人が2050年に7億9,000万人に、インドは3億9,800万人が11億4,300万人に、フィリピンは2,500万人が1億200万人に急増するとされております。先進国のアメリカにおいても、1億5,200万人が2億4,200万人になると推計されております。このままでは、我が国の経済は、世界の成長から取り残され、生産年齢人口減少の問題に対する処方箋を欠いたアベノミクスこそが縮小均衡のスパイラルに陥ってしまいます。

 私は、日本を元気にするために1番重要な取組みは、人口の増加促進策であり、そのためには「家族の生活が第一」の目線で、日々の生活の負担を軽減させることが必要不可欠と考えます。ところが、安倍政権では民主党政権で行ってきた可処分所得を増やす結果となった子ども手当や高校授業料の無償化を見直すとしております。子どもを持つ家族にとって一番負担になっているのは、教育費であります。この負担を取り除くような家族重視の分配政策を取ることにより、個人消費は拡大し、経済も自立的成長に向かうようになります。「家族の生活を第一」にする国であってはじめて、家族が増え、人口が増えていくのではないでしょうか。

 そこで、安倍総理にお伺いします。子ども手当の拡充、高校授業料の無償化の継続、そして家計の可処分所得を増やすための方策についてどのようにお考えでしょうか。また、生産年齢人口減少の問題に対する対処方針についてもあわせてお聞かせください。

 また、今般の補正予算による約5兆円もの公共事業により、短期的に景気浮揚効果を演出し、消費税増税の前提となる経済成長を達成しようというのが政府の本音ではないでしょうか。しかし、公共事業の増額により景気浮揚を目指す一方で、消費税増税により景気を冷え込ませることになるこのような手法は、いわばアクセルとブレーキを同時に踏むようなものであって、非常にちぐはぐな政策であると言わざるを得ません。私たち「生活の党」は、消費税増税に断固反対しますが、政府は、今後の経済成長の動向如何によっては、消費税増税を中止する覚悟が本当にあるのか、安倍総理にお伺いいたします。明確にお答えください。

(地域が主役の社会の実現について)
 私たち「生活の党」は、「自立と共生」の理念と「国民の生活が第一」の原則に基づいて、日本をつくり直し、安全で公正な社会の実現を目指します。そのためには、地域のことは地域で決める「地域が主役の社会」を実現しなければなりません。東日本大震災の復興の遅れに象徴されるように、中央が全てを決めて地方に押し付ける中央集権体制は、国民の声に応えられなくなっております。行政の権限と財源を地方に大胆に移すべきです。特に、国の補助金は原則、自主財源として地方に交付すべきです。それにより地域経済を活性化させ、デフレ脱却を促進することができます。

 ところが、安倍政権が唱える国土強靱化構想では、紐付き補助金の復活など、以前のような公共事業至上主義と受け取られるような政策のあり方に戻ってしまう懸念があります。確かに、建設土木事業の維持・発展は、社会資本の老朽化に対応するために必要であります。しかし、それは、地方にあったものを地方の判断で、予算執行できるようにするのがあるべき姿であります。国家官僚の役割は、国家としての大きな方向性を提示することと、政策分野ごとに地方公共団体で何がなされているのか、調査とその結果の公開を行うことに特化すべきであります。こうすることで、国家官僚は箇所付けや全国一律の画一的制度の作成から解放され、真に国家レベルで必要とされる仕事に集中できるようになります。そして、大幅に権限が移譲された基礎自治体は、中央官庁が調査した結果に基づいて公開される情報を活用することで、自分たちの街で行われている制度や予算の執行が、ほかの街と比べて効果的であるのかどうか、容易に検証できるようになるのです。地域住民や基礎自治体の議会の役割も、より住民自治が進む形で深化します。このプロセスを通じ、標準的な地方行政のコストも明らかとなり、国の持つ財政調整機能を適切に機能させることもできるようになると考えます。

 このように大胆な統治機構の改革を行い、予算執行の仕組みを変えることで、地域で必要な事業は地域の自主性を尊重する形で行えるようになるのです。これこそが、真の意味での地域経済活性化を行う経済対策と言えましょう。このような大胆な統治機構の改革について、安倍総理はどのように考えるのか、お答えください。

(代替エネルギー対策について)
 最後に、代替エネルギー対策についてお伺いいたします。残念ながら安倍総理の所信表明演説には、エネルギー政策についての言及がありませんでした。しかし、エネルギー政策は、日本経済再生を実現する上で最も重要な課題の一つであります。私たち「生活の党」は、「エネルギー政策の大転換」で、10年後を目途に全ての原発を廃止することを主張しております。そのために、日本の省エネルギー技術と再生可能エネルギーの普及、効率のよい天然ガス・コンバインド・サイクル火力発電、さらにエネルギーの地産地消を強力に促進する必要があります。愛知県渥美半島沖で始まったメタンハイドレートの海洋産出試験もその中の一つだと思います。これにより、原発立地地域をはじめ、地域経済の発展と雇用の拡大を実現することができると考えます。

 私たち「生活の党」は、代替エネルギー対策の分野に大胆な公共投資を行うべきだと考えておりますが、安倍総理の見解をお伺いいたします。

(おわりに)
私たち「生活の党」は「国民の生活が第一」の理念に基づき、「いのち」と「暮らし」と「地域」の3つを守ることを政治の最優先課題としております。そのために、政治、行政、経済、社会の仕組みを一新して、日本を根本から立て直します。エネルギー政策の大転換、消費税増税の阻止、行政の権限と財源の地方への大胆な移行を実現するとともに、社会保障、雇用、人づくりの仕組みをつくり直し、高齢者には安心を、若者には働く場を確保します。全ての国民が「安心、安全で、安定した生活」を送ることができ、国民も地域も健全に自立し、互いに共生できる社会を実現します。それにより、日本は国家として自立し、世界の平和と安定に協力する外交を展開できると確信しておりますことをあらためて申し上げ、私の質問を終わります。

(以上)


共生なくして、自立なし。
自公は自立を強制している。

libarty at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治