September 13, 2007

麻生クーデターに対する声明

昨日、安倍内閣総理大臣が辞任表明をした。

内閣改造、党執行部の交代から粛々と始まったものかもしれないが、
麻生幹事長、与謝野官房長官の裏切りによるものだろう。
25日の国連総会までに、総裁選挙を行う日程が決まったのを見るや、
これは麻生幹事長の謀略ともとれるシナリオである。

さて、そうなると
このネット社会もヲタク社会も政界も再編が加速しそうだ。



民主党は次期衆議院選挙のために約100席空けてある。
もちろん、それは社民党や国民新党との選挙協力もあるが、
この総選挙にあわせて、自民も含めて様々な人材を入れるつもりだ。
じゃぁ、国民を見てないじゃないかと思われるが、
どこかのタイミングで「新・日本改造計画」を小沢代表が出し、
その理念に共鳴した者が民主党入りし、
自民党の新たな総裁の理念に共鳴した者が自民党入りしたとしたら、
それが政界再編だろう。

ただ、仮にそうなったとして、政権交代しても
天変地異になるわけではない。
ただ、アメリカのようになるだけかもしれない。
それでも政治が白日の下に晒されるだけマシである。


今まで自民党の中だけで、政権交代が行われ
国民は政治に参加することを許されなかった。

しかし、今は国民が選択できる。
その結果が参議院選挙の結果である。



では、民主党と自民党にどんな違いがあるか?
ズバリ情報公開と情報操作だろう。
民主党は記者会見に様々なマスコミを入れ、記者クラブ制度が事実上なくなっている。
自民党は様々なマスコミをチェックし、操作してる。

今回の辞任劇も謀略だとすれば・・・



自民党が情報操作、新しい総裁のカリスマ性だけで来るのなら、
自分はたとえ麻生総裁でも自民党は支持しない。

政治家がアニメ好きかどうかはこの際どうでもよい。
アニメを含め、ありとあらゆる表現の自由を保障するのなら・・・

libarty at 01:58│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 政治 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔