September 25, 2007

政治家のテレビ迎合に歯止めをかけよ。

066c5eb7.jpg本日、衆議院では多数を占める自民、公明両党などが福田氏を首相に指名。
参議院では第1回投票で誰も過半数を獲得できず、
上位2人による決選投票となり、野党4党が一致して小沢氏を指名する見通しだ。
衆参各院がそれぞれ別の首相指名をしたことに伴い、
両院協議会が開かれるが、最終的に憲法の規定により衆院の議決が優越、
福田氏が首相に指名される。
首相指名が衆参各院で異なるのは憲政史上4回目。
直近では98年、衆院で小渕恵三・自民党総裁、
参院で菅直人・民主党代表(ともに当時)をそれぞれ首相指名しており、
今回は9年ぶり。
(毎日新聞より引用)


この第168臨時国会の与党vs野党の顔は
福田康夫自民党総裁と小沢一郎民主党代表である。

私は麻生太郎氏に関してはテレポリティックスの中身が酷過ぎるとして
2chやブログなどでのムーブメントに危険を感じた。
(まぁ、そのほうが政権交代は有利だったかもしれないが・・・)



ではこの国会で問われるのは何か・・・
小泉政権以来続いている政治家のテレビ迎合に歯止めをかけて、
国会での議論を活発にしてほしいということだ。
なんならNHKでの国会中継も無いほうがよいかもしれない。

ネットでも国会中継はやっているし、アーカイブもある。
そうじゃなくても、国会TVでは
国民が考えなければならない問題を扱っている委員会から放送している。
国会TV期間限定無料公開中!



政治家にヒーローはいらない。
こんなにレベルの低いテレビと政治の関係は世界中のどこにもない。
やはり政治専門チャンネルを日本に根付かせるしかないのだ。
「国が国民に議会見せる」のではなく、「国民が議会を監視する」ためのテレビを。

libarty at 12:45│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 政治 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔