January 10, 2008

普段が9万人で、見込みが13万人で、実際は30万人!!

いつもは9万人しかこない神社に30万人来てしまった。

テレ玉NEWS 1/8
正月三が日の県内の主な神社仏閣への初詣客は、
好天に恵まれた影響で去年より26万人増加し、
およそ402万人となりました。
県警地域課のまとめによりますと、
正月三が日に、最も多くの初詣客が訪れた県内の神社仏閣は、
さいたま市の大宮氷川神社で、およそ203万人でした。
次いで、川越市の喜多院が41万3,000人、
鷲宮町の鷲宮神社が30万人、
東松山市の箭弓稲荷神社が21万5,000人などとなっています。
特に、鷲宮神社は人気アニメの舞台となった影響もあり、
去年より大幅に初詣客が増え、17万人増えています。

見込みの段階で4万人増で、すごいと思ったが、
実際はさらに17万人増えてしまい、埼玉県内で3位になった。


鷲宮神社は古事記時代以前に創設された
天穂日命(アメノホヒノミコト)らを祀った
関東最古の大社。
それがまた再注目されることに
こんな番組までもが特集を組んだ。

ムーブ 萌えアニメ「らき☆すた」で町おこし




聖地巡礼が国を豊かにできるかも。

libarty at 13:06│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔