May 30, 2008

政権交代を正面から向き合う

afbf120b.jpgたまには本の紹介でも。

「政権交代」榊原英資著



この国は政権交代がなぜできなかったかを
経済の視点から振り返りつつ、
政権交代をしてどうすればよいかと模索する著書。

日々のニュースだけではわからなかった
政治経済のバイブルとして薦めたい。


私たちは物事に善悪をつけすぎてはいないだろうか?
もちろん「わかりやすく」するのは大事だが、
その前に考えることを忘れてはいないだろうか?


もはやこの国は政権交代がなければ、
どうにもならないところまで来ている。

人の価値観、感性、常識までねじまげられてしまったのだから。

最近の榊原英資氏の発言
「AERAが伝えた20年」第一部:榊原英資教授 5.17



libarty at 23:58│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔