October 27, 2008

無責任な政府が何をしても・・・

livedoor ニュース市場安定化策、「対策にならぬ」=小沢民主代表


解散見送りが決定的になる昨今、株価はどんどん安くなっていく。

「政治経済、特に経済の状況が厳しいことになればなるほど、国民の審判を経て、
その国民の支持を背景にして強力な政策を実行する政権・内閣が望ましい」

と、小沢代表は述べた上で

金融危機の発端となった米国においても大統領選挙が行われており、
他にもこの時期に総選挙が実施される国があることを小沢代表は指摘。
解散・総選挙によって30日の空白が生じるといった類の発言については
「まったくの自分たちのためにする議論であり、本筋の話ではない」として、
「選挙戦をやった後、国民の強い支援・支持を得た内閣が、
思い切った政策を国民のために実行する。
このことのほうがよほど政治の空白を避ける」と強調した

(以上、民主党web-siteより引用)

結局のところ、支持されない審判を受けない内閣が何をしようとも、
日本に対する信用は失い、株価は下がり続けるばかりだ。

libarty at 23:50│Comments(0)TrackBack(0)政治 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔