January 06, 2011

1年間「検討中」した結果がコレだ。




総務省では、記者クラブメディアとフリーランスなどのジャーナリストたちが、
記者会見のオープン化をめぐって激しく対立している。

1月5日、動画中継を行ったフリーライタイーの畠山理仁氏に対して、
記者クラブ側が中止を要請、同席したジャーナリストの田中龍作氏が
「ジャーナリストがジャーナリストを排除して恥ずかしくないのか!」
と声を荒げる一幕があったという。

さらにジャーナリストの寺沢有氏が、場合によっては法的手段に訴えると示唆し、
片山総務大臣が「両者の間での話し合い」を求めて仲介するという喜劇のような場面もあったという。

いったい既存メディアは、情報公開ということに関してどう考えているのか。

(以上、「週間・上杉隆」より引用。)


総務省では原口前総務大臣の意向で、
記者クラブ主催の会見にフリーランスの記者を入れるようにしたのだが、
フリーの記者が動画中継の開放はされておらず、
1年前から記者クラブ側に申し入れ、それから「検討中」という明確な回答がでないでいた。


菅政権になり、総務大臣が交代になって以降、オープン化されたという印象は薄まった。
しかし、小沢元代表や原口氏はネットメディアに積極的に出演し、
政策提言や情報公開を訴えている。

いつまでも改革の入口を閉じようとする既存メディア。
そのせいで、日本は沈みゆく一方だ。


libarty at 23:30│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 政治 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔