September 26, 2011

日本の裁判は全て公開すべきなのでは?

茂木健一郎氏のtweetより
https://twitter.com/#!/kenichiromogi/status/118334840981569537
学校じゃ、裁判官は、個人の良心だけに従って判決を下す、と習ったけど、
どこかの国では、組織防衛で判決やるらしいね。
それで、若者に見捨てられている新聞が結託すると。ひでえな。

「ラ・ターシュに魅せられて」より
陸山会判決! 西松ウラ献金を認定? ワタシはね・・無罪判決出したことないんです・・。 東京地裁 登石裁判長
本来、この裁判は・・
世田谷区深沢の土地購入を巡る購入代金の政治資金収支報告書への記載日が
政治資金規正法に則って適切だったかどうかという裁判です。
もっと噛み砕いて言えば・・ 会計事務作業が正しかったか? いや、間違っていたのか?
こういう形式的な判断をするはずでした。
ところが判決では・・
東北地方の公共工事を巡る談合で、
小沢事務所が本命業者の選定に決定的影響力を持っていた・・ と指摘しています。
小沢事務所の意向はゼネコン各社にとって 「天の声」と受け止められていた・・
西松建設からのウラ献金の授受も実際あった・・ なんてコトまでも認定しちゃってます。
虚偽記載・・
平たく言えば "書き間違え" を裁く裁判で なんでこんなことまで認定するのでしょうか。
(中略)
"オレたちの財布・・利権を奪わんとするオザワは政治的に抹殺せよ!"
恐るべき・・ 官僚組織の執念です。


何がどうしてそんなことになってしまったのだろうか? 
利権ばかりを追い求めていった結果が、
原発問題という途方もないことを起こしたのに何もわかっていないようだ。

小泉純一郎なる男は自民党をぶっ壊したのではなく、日本の良心をぶっ壊した。
鈴木宗男や亀井静香を切り捨て、自民党を延命させた。
その延命措置も限界になったとき、
今度は麻生太郎なる男が指揮権を発動し、小沢捜査を認めた。
官僚の意のままに。
 
最後に自分もついリツイートしたつぶやきを。

日本の政治を動かしている官僚の暴走を許さない戦後始めての真の政治家、小沢一郎、
彼を支持するのが政治家、彼を潰そうとするのは政治屋。
今日本で民主主義か官僚主義かの権力闘争が行われてる。
民主主義革命続行中。立て国民よ。この国は我々国民のものだ。@toradayo

官僚主義では原発事故がいくら起きようとも、原発はなくならないし、
借金は増え続け、ことあるごとに増税を仕掛けてくる。
特に日本独自で新しいことをやろうとすると全て潰される。
地域でどうにかしたいと思っていても、国が機能しなければどうにもならない。

震災を受けてなお一層この国の病が分かった筈なのに。

libarty at 23:30│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 政治 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔