April 21, 2012

この政権は国民生活を破壊する (日刊ゲンダイより) 

「阿修羅」最悪のオンボロ政府が存続していいのか この政権は国民生活を破壊する (日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/12/senkyo129/msg/215.html

現在の日本は 一部の富裕層 多数の貧困層と言える最悪社会である。  
生活保護者209万人戦後最高 困窮者2000万人に迫り    
超円高 デフレにより企業が益々苦戦・・・倒産…。   
とりわけ悲観することは 若い人の失業がひどい。  
将来の日本国を支えるどころか 結婚して家庭すら築けない。  
若い人(とりわけ男)の失業 に対する政策がなってないのだ・・・。  
口だけ 雇用・雇用は話にならない。  
消費増税は景気が酷くなるだけでなく より困窮者に  
弱いひとびとに 重荷がかかって 一部の富裕層には   
何にも響かない悪税…消費増税は最悪なのだ。  
肥えた財務省官僚政権にマインドコントロールされていて  
大マスゴミもツルンデ消費増税しか ないような 暗示に犯されている。  
底辺層をもっと強くする政策が必要なのに 真逆のことをやっている
今の学生たちは 平穏無事?の為か おとなしい。
何も怒らない 怒れない? 行動しない 
…行動できない? 権力に 向かっていけない?・・・・・・・・。
1968年東京大学における東大闘争。民主化などの課題をめぐり教室に
バリケードなどやって 権力に向かって行ったなぁ。
安保闘争なども・・・あった・・・・。
良い悪いは 別にしてだよ…。結果的には 世を変えた・・・。
最後の切り札は  …動乱か?
官僚たちはここまで計算してない?…


小泉・竹中構造改革による格差の増大は、
弱いモノいじめを助長してしまい、最後には孤独にさせられた。
加えて警察がどんどん生活に入り込み、規制していく。
規制しなきゃいけないものはどんどん自由にしていくクセに。

最後に残されたのはデモ、集会なのだ。
どんどん参加していこう。

libarty at 23:56│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 政治 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔