July 23, 2012

森喜朗は最後まで、この国を売国する気だ。

清和会のオーナー・森元総理が謎の引退表明(陽光堂主人の読書日記)

(以下、引用)
 引退の理由として小沢氏の名を挙げていますが、これは「俺も辞めるからお前も辞めろ」ということなのでしょう。どうせ辞めるなら小沢氏も道連れにしたい、という魂胆が透けて見えます。一言多いのが森氏の欠点ですが、最後まで改めることができなかったようです。

 長男の祐喜氏は、1年前に多臓器不全で亡くなっています。未だ46歳の若さでしたが、薬物中毒で素行が悪く、ロックミュージシャンのように短命でした。

 祐喜氏は押尾学事件の主犯での1人で、押尾は単に身代わりなったに過ぎないとも言われています。森元総理の圧力で揉み消した、とも噂されています。事件の再捜査が密かに進められている可能性があり、そうなったら自民党は大打撃を被ります。

 総選挙で自民党が政権与党に返り咲けば封印することができますが、その前に真相が暴露されたら大変です。裏取引があって、引退と引き換えに闇に葬ることにしたのかも知れません。

(以上、引用終わり)

まぁ、この男は清和会のために、アメリカに隷属し続け、
旧田中派を徹底的に叩き潰した上に、芸能人にまで多大な影響を与え続ける、
本物の悪代官である。

そして、生きてて欲しくない政治屋のひとりだ。

libarty at 23:30│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 政治 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔