November 13, 2013

超A&G+を支える技術

Inter BEE 2013が開幕。
初日の今日は、基調講演と民間技術報告会に参加。
ラジオ・音声部門では、文化放送も報告しました。

超A&G+の動画放送技術はどこまで進んだのか?
2008年の当初は、BSデジタルラジオの技術を応用し、
映像と音声を別々に送出していたので、
動画つきCMや中継ができなかったとのこと。

そこで、映像送出機器を全て更新。
とはいえ、出来る限り低コストで
さらに以前のもので流用できるものは流用したとのこと。

鷲崎健の2hでやったあの生中継、完パケ番組の送出技術は
こうだったことがわかりました。

テレビではない、動画つきラジオに突き進む
文化放送に期待したい。

画像1



libarty at 13:04│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔