January 22, 2015

偶然、見つけた「間違い」?

生物というものを調べるたびに思う疑問。

気に食わないものは叩き潰す。以上
生き物というものは自分が生き残るために
弱いものを殺して喰らうんだよ
たとえ仲間、同種であってもだ
人間だってその例外ではない
一度悪いと思ったものは淘汰しなければならない
これまでどんな功績があろうと知るか
壊すのは一瞬だ
背中見せたら負け、喰われても恨みっこなし、違うか?
隙を見つけ潰し合うことこそが、種を向上させていくことなんだよ
間違っているものや弱いものがのうのうと生きられる世界こそが間違い
悪いものを片っ端から根こそぎ摘み取ってはじめて
世の中が良いもので占められ、世の中がより良くなっていくんだよ

上の文章は偶然見つけたのだが、
生物はどうも何かが淘汰するまで潰し合っていないのでは?
と考えてしまう。 
争いがあったとしても、序列を作ったとしても・・・

ヒトはこの地球を破壊しつくせる力を持っている。
と同時に、この地球のことを考えることができる。

考えるために、また旅にでよう。 

libarty at 02:46│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔