May 01, 2020

アビガンをひたすら大量生産させ町の薬局で買えるようにせよ





コロナウイルス感染症に対する
アビガン(一般名:ファビピラビル)に係る観察研究の概要
及び同研究に使用するための医薬品の提供について

基本的には
1) 概ね 50 歳以上の患者で、低酸素血症を呈し酸素投与が必要となった例
2) 糖尿病・心血管疾患・慢性肺疾患、喫煙による慢性閉塞性肺疾患、免疫抑制状態等のあ
る患者で低酸素血症を呈し酸素投与が必要となった例
3) 年齢にかかわらず、酸素投与と対症療法だけでは呼吸不全が悪化傾向にある例

これでは遅い、遅すぎる。そりゃ、アビガンを大量に飲まないと生死をさまよう。
児玉龍彦先生(東大先端研がん・代謝PT)は無症状でも投与すべきと言ってる。










libarty at 12:16│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔